ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 保護者トラブルを生まない学校経営を保護者の目線で考えました

  • 保護者トラブルを生まない学校経営を保護者の目線で考えました

保護者トラブルを生まない学校経営を保護者の目線で考えました

  • 永堀宏美/著 永堀 宏美
    早稲田大学大学院教育学研究科非常勤講師/元牛久市教育委員会教育委員長。慶應義塾大学法学部卒業。筑波大学大学院および米国コーネル大学大学院修士課程修了。1994年よりコミュニケーションをキーワードに、研修・講演活動を展開。教育分野では、教職員のコミュニケーション能力の育成や授業改善、保護者対応等をテーマとした管理職研修を担当。牛久市教育委員会教育委員長を務めた後、2009年より現職。未来を担う教職員の育成に尽力している。二女の母

  • ISBN
    978-4-86560-501-3
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 保護者の本音を知ることで、保護者に寄り添った対応ができる!コミュニケーション能力の向上で、問い合わせ→クレームへの発展を防ぐ!入学式、面談、お便りの書き方など、場面ごとに改善のためのポイントを解説!
目次
第1章 基礎編―保護者理解とコミュニケーション力アップの土台づくり(学校と保護者の間にある心の壁―なぜ分かり合えないのか
保護者の本音
トラブル予防のマネジメント―「保護者とともに」を具現化する
保護者の心をつかむ情報発信のコツ
保護者の心をつかむコミュニケーションのコツ)
第2章 実践編―“保護者の目線”で考える行事別改善ポイント(新年度スタート時
新年度開始後の情報発信
保護者とのコミュニケーションの場づくり
保護者との直接対話による関係づくり
学校に対する保護者の疑問に応える
年度末行事で保護者の共育姿勢を育む)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

二女の母、元教育委員長、コミュニケーション研修講師の著者ならではの保護者目線の学校経営論

ページの先頭へ

閉じる

  • 保護者トラブルを生まない学校経営を保護者の目線で考えました
  • 保護者トラブルを生まない学校経営を保護者の目線で考えました

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中