ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 転機を迎える温暖化対策と環境法 課題と展望

  • 転機を迎える温暖化対策と環境法 課題と展望

転機を迎える温暖化対策と環境法 課題と展望

  • シリーズ名
    環境法政策学会誌 第21号
  • ページ数
    293p
  • ISBN
    978-4-7857-2655-3
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • パリ協定やSDGsを迎えて温暖化対策と環境法はどう展開していくのか―これまでを検証しこれからを探る。
目次
第1部 温暖化対策と環境法の変遷と進化(転機を迎える温暖化対策と環境法―総論
パリ協定―その特質と課題 ほか)
第2部 転機を迎える温暖化対策と環境法―パネルディスカッション
第3部 個別研究報告(地球温暖化リスクへの対処と環境ガバナンス―英国の取組みを例に
法律に基づく土壌汚染地の制度的管理のあり方に関する考察―東京都における土壌汚染対策法の施行状況をもとに ほか)
第4部 研究論文(生物多様性の保全のための事後措置―イギリス法における進展
土壌汚染リスクに関わる科学者の役割とガバナンスのあり方―紛糾した築地市場の移転問題を例に ほか)
第5部 環境法政策学会の活動(環境法政策学会第21回学術大会
第21回学術大会における各分科会の活動 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

国連気候変動枠組条約から京都議定書を経てパリ協定までを時間軸にしながら、国内法政策の変遷、緩和と適応に関する施策の展開、企業の果たす役割の変化、環境影響評価の重要性など温暖化対策と環境法に関する研究成果などを収録する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 転機を迎える温暖化対策と環境法 課題と展望
  • 転機を迎える温暖化対策と環境法 課題と展望

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中