ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 必携債権法を実務から理解する21講

  • 必携債権法を実務から理解する21講

必携債権法を実務から理解する21講

  • ページ数
    257p
  • ISBN
    978-4-7857-2622-5
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 具体的な設例を設定しながら、現行法との異同等を含め、きめ細かい問題点をQA方式で懇切・丁寧に解説。―用語・キーワード解説、有用な書式も紹介。
目次
契約の成立と有効要件
消滅時効
法定利率・中間利息控除
契約解除
危険負担
債権者代位権
詐害行為取消権
多数当事者
保証
債権譲渡・債務引受等〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2020年4月に施行される新しい債権法を実務から理解できるように、企業法務への影響とその対策を検討する必要性が高い項目を、論点別・業界別にQ&A形式でやさしく解説。本格的に学習をはじめる際の必携書。

ページの先頭へ

閉じる

  • 必携債権法を実務から理解する21講
  • 必携債権法を実務から理解する21講

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中