ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 抗がん薬曝露対策ファイル NHOネットワーク共同研究参加32施設からの提言

  • 抗がん薬曝露対策ファイル NHOネットワーク共同研究参加32施設からの提言

抗がん薬曝露対策ファイル NHOネットワーク共同研究参加32施設からの提言

  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-8407-5097-4
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 曝露対策のヒントが満載!HDを正しく怖がるための必読書。
目次
第1章 総論(Hazardous Drugs(HD)とは
曝露対策取り組みの意義 ほか)
第2章 各施設の研究・調査結果(班研究の目的と概要
北海道がんセンターにおける研究・調査の結果 ほか)
第3章 Q&A(基礎知識
職員の教育・トレーニング ほか)
資料編(抗がん薬曝露予防手順―投与から廃棄まで
HDの安全な取り扱いに関する患者と家族の教育(ONSガイドラインより) ほか)

商品詳細情報

サイズ 26cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

●抗がん薬、ハザーダス・ドラッグ(HD)を正しく怖がるための必読書
●3年に及ぶ研究の集大成。自施設で活かせる!抗がん薬曝露対策のヒントがここに!

抗がん薬を取り扱う医療従事者は、その曝露から身を守るために対策を講じなければなりません。欧米では早いうちからその認識が広まり、ガイドラインが策定され、近年では抗がん薬を含む「ハザーダス・ドラッグ(HD)」の適正な取り扱いについて法制化する動きも出てきています。わが国でもここ数年でガイドラインが作成されるなど、曝露対策への取り組みの機運が本格的に高まってきています。
本書は、国立病院機構(NHO)ネットワーク共同研究「多施設共同抗がん薬曝露実態調査と医療従事者の安全確保のための『Hazardous Drugsの安全な取り扱い』の概念構築」の研究班〔全国32施設(代表9施設)〕の3年間にわたる研究・調査の結果をもとに、どのような対策がどのような成果につながったかを解説した事例、曝露対策の基本知識、理解しておくべきQ&Aを一冊にまとめたものです。抗がん薬曝露対策を現場目線で後押しする必読書です。

ページの先頭へ

閉じる

  • 抗がん薬曝露対策ファイル NHOネットワーク共同研究参加32施設からの提言
  • 抗がん薬曝露対策ファイル NHOネットワーク共同研究参加32施設からの提言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中