ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心が晴れる知恵 下町和尚が教える、気持ちの切りかえ方

  • 心が晴れる知恵 下町和尚が教える、気持ちの切りかえ方

心が晴れる知恵 下町和尚が教える、気持ちの切りかえ方

  • 名取芳彦/著 名取 芳彦
    1958年、東京都江戸川区小岩生まれ。元結不動密蔵院住職。真言宗豊山派布教研究所研究員。豊山流大師講(ご詠歌)詠匠。大正大学を卒業後、英語教師を経て、25歳で明治以来住職不在だった密蔵院に入る。仏教を日常の中でどう活かすのかを模索し続け、写仏の会、読経の会、法話の会など、さまざまな活動をしている

  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-86029-479-3
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あなたの心をおだやかにする。軽やかに、ユーモラスに説く、生き方のヒント。
目次
第1章 不安、心配事からの離れ方(ピンチは周りにごろごろしている。ピンチのない人生は面白くない
情報に心乱されないために、欲を減らして目的だけを意識する ほか)
第2章 イライラ、怒りの静め方(自分の力でどうにもできないことは、「仕方がない」と諦められる
ないものねだりは自分が惨めになるだけ。人と比べることのメリットは何もない ほか)
第3章 落ちこみ、凹んだ時の脱出法(悲しんでいる時も、笑っている時も、同じ時間
安心は安定から生まれる。マンネリは安心を育む土壌 ほか)
第4章 心が楽になる発想法(「人事を尽くして天命を待つ」という潔さも時には必要
白黒はっきりさせるばかりが、いいのではない ほか)
第5章 よく生きて、よく死ぬために(今日一日に起きた良かったことを探してみる
誰にも迷惑をかけずに生きていくことなど、できない ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

私たちは、日々、不安や心配事、イライラや怒りなど、

不快な感情に振りまわされて生きている。

そんなネガティブ感情を軽減させて、

心を晴れ晴れとさせる知恵を伝授。


第1章 不安、心配事からの離れ方

第2章 イライラ、怒りの静め方

第3章 落ちこみ、凹んだ時の脱出法

第4章 心が楽になる発想法

第5章 よく生きて、よく死ぬために

幸せな時間が増えていく、名取流生き方の知恵。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 心が晴れる知恵 下町和尚が教える、気持ちの切りかえ方
  • 心が晴れる知恵 下町和尚が教える、気持ちの切りかえ方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中