ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕のカノジョ先生

  • 僕のカノジョ先生

僕のカノジョ先生

  • 鏡遊/著 鏡 遊
    フリーのシナリオライター。主にPCゲームのシナリオを執筆

  • シリーズ名
    MF文庫J か-10-23
  • ISBN
    978-4-04-065097-5
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

600 (税込:648

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • やたらと生徒に人気がある担任の藤城真香先生が僕を呼び出し、唐突に告白してきて…!?
    「君が私を好きと言うまで、どんな手を使っても迫り続けるわ」絶対に両思いになってはいけない二人のラブコメが始まる。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

過去のトラウマで“先生”という人たちに不信感を持つ僕・彩木慎はある日の放課後、校内で一番人気の美人教師・藤城真香先生に呼び出された。「わたしは―君が好きです」…って、唐突に告白!?「君がわたしを好きと言うまで、どんな手を使っても迫り続けるわ」それからというもの、指導と称して放課後に呼び出され、なぜか一緒に大人な動画を観せられたり、過剰なスキンシップをされたり、デートに連れて行かれたりで、だんだん先生を意識するようになって…?でも、先生が教え子と結ばれるのはまずいよね?絶対に両想いになってはいけない(!?)二人の禁断ラブコメ、授業開始!

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕のカノジョ先生
  • 僕のカノジョ先生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中