ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦乱と民衆
  • 戦乱と民衆

  • 戦乱と民衆
  • 戦乱と民衆

ポイント倍率

戦乱と民衆

  • 磯田道史/著 倉本一宏/著 フレデリック・クレインス/著 呉座勇一/著 磯田 道史
    1970年、岡山県生まれ。国際日本文化研究センター准教授。専門は日本近世・近代史、社会経済史

    倉本 一宏
    1958年、三重県生まれ。国際日本文化研究センター教授。専門は日本古代政治史、古記録学

    クレインス,フレデリック(Cryns,Frederik)
    1970年、ベルギー生まれ。国際日本文化研究センター准教授。専門は日欧交渉史

    呉座 勇一
    1980年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター助教。専門は日本中世史

  • シリーズ名
    講談社現代新書 2488
  • ISBN
    978-4-06-512218-1
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

780 (税込:842

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 白村江、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変…民衆はいかにサバイバルしたのか?
    国際日本文化研究センターの人気学者たちが描く、英雄中心の歴史とは異なる、民衆を主語とした日本史!

    歴史書ブームの立役者が集まった!
    日本史の風雲児たちによる白熱の討論!

    民衆はいつも戦乱の被害者なのか?
    白村江の戦い、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変……
    民衆はいかにサバイバルしたのか? 戦乱はチャンスだったのか?
    『京都ぎらい』の井上章一氏も交え、国際日本文化研究センター(日文研)の人気学者たちが、
    英雄中心の歴史とは異なる、民衆を主語とした日本史を描き出す。

    ・日本史上最大の敗戦、白村江の戦いの知られざる真相
    ・一揆は「反権力」、足軽は「権力の手先」なのか?
    ・大坂の陣とアントワープの大虐殺、その相違点は?
    ・維新後の京都復興を遅らせた金融システムの破綻
    ・町家を壊しても、祇園祭を守った戦時体制とは?
    ・略奪はいつ始まったのか?
    ・民衆の被害に国家は関心を持っていたか……

    話題沸騰の日文研シンポジウム「日本史の戦乱と民衆」に、後日おこなわれた座談会を加えた、待望の新書化!
    (「近刊情報」より)
目次
第1部 日本史の戦乱と民衆―基調報告(白村江の戦いと民衆(倉本一宏)
応仁の乱と足軽(呉座勇一)
オランダ人が見た大坂の陣(フレデリック・クレインス) ほか)
第2部 歴史を見る視点―一般公開座談会(倉本一宏+呉座勇一+フレデリック・クレインス+磯田道史+(司会)石上阿希)(戸籍から読み解く壬申の乱
歴史を見る「視点」の重要性
女性の被害はどう扱われているのか ほか)
第3部 生き延びる民衆・チャンスとしての戦乱―座談会(倉本一宏+呉座勇一+フレデリック・クレインス+磯田道史+井上章一+榎本渉+石上阿希)(『万葉集』に防人の声を聴く
民衆に冷たい室町の権力
日本とヨーロッパの戦争における類似点と相違点 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

歴史書ブームの立役者が集まった!
日本史の風雲児たちによる白熱の討論!

民衆はいつも戦乱の被害者なのか?
白村江の戦い、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変……
民衆はいかにサバイバルしたのか? 戦乱はチャンスだったのか?
『京都ぎらい』の井上章一氏も交え、国際日本文化研究センター(日文研)の人気学者たちが、
英雄中心の歴史とは異なる、民衆を主語とした日本史を描き出す。

・日本史上最大の敗戦、白村江の戦いの知られざる真相
・一揆は「反権力」、足軽は「権力の手先」なのか?
・大坂の陣とアントワープの大虐殺、その相違点は?
・維新後の京都復興を遅らせた金融システムの破綻
・町家を壊しても、祇園祭を守った戦時体制とは?
・略奪はいつ始まったのか?
・民衆の被害に国家は関心を持っていたか……

話題沸騰の日文研シンポジウム「日本史の戦乱と民衆」に、後日おこなわれた座談会を加えた、待望の新書化!

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中