ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 十八世紀イギリス文学研究 第6号

  • 十八世紀イギリス文学研究 第6号

十八世紀イギリス文学研究 第6号

  • 巻の書名
    旅、ジェンダー、間テクスト性
  • ページ数
    252p
  • ISBN
    978-4-7589-2257-9
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本ジョンソン協会による、新進気鋭の若手から学界を代表する研究者までが〈長い18世紀〉を縦横無尽に読み解く、刺激的な論集。「近代小説の誕生と日本表象」や「感傷喜劇に書き込まれた帝国論」、「動物寓話と福祉の問題」に「スコットランド啓蒙主義と政治小説」などの学際的な論考が、旅、ジェンダー、間テクスト性、という三つのキーワードを軸に展開する。18世紀英文学研究における最新の批評地図がここにある。
目次
第1部 旅する18世紀文学(近代小説の誕生と日本表象―サルマナザール、デフォー、スウィフト
中国の人口拡大と英国人口論争―マカートニー使節団の伝える中国の両義性
Humphry Clinkerにおけるメタモルフォーゼ―手紙における挿話に注目して)
第2部 18世紀的心性と女性(Female Gaze and Male Sensibility in A Sentimental Journey
バーボールドの擬人化されたネズミと動物福祉
セアラ・フィールディングの『デルウィン伯爵夫人』18世紀の友・敵・洗練
『マンスフィールド・パーク』の副読本―『恋人たちの誓い』と『私生児』)
第3部 18世紀文学の間テクスト性(感傷喜劇のなかの大英帝国―『西インド諸島人』試論
ジョン・ゴールトと「理論的ないし推測的歴史」―政治小説『メンバー』と『ラディカル』をめぐって
舞台と書斎からみるシェイクスピア―シバーによる改作劇『リチャード3世』を中心に
古代近代論争におけるスウィフトのハイドロロジカル(hydrological)な風刺)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 十八世紀イギリス文学研究 第6号
  • 十八世紀イギリス文学研究 第6号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中