ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 捨てられる土地と家

  • 捨てられる土地と家

捨てられる土地と家

  • 米山秀隆/著 米山 秀隆
    富士通総研経済研究所主席研究員。1986年筑波大学第三学群社会工学類卒業。89年筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了。野村総合研究所、富士総合研究所を経て現職。専門は、住宅・土地政策、日本経済で、特に空き家問題に詳しい

  • ISBN
    978-4-86310-204-0
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,100

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 登記しない地権者、ツケを払う次世代。急増する空き家・空き地・所有者不明の土地の実態と処方箋。
目次
第1章 空き家・所有者不明土地の実態(空き家の実態と将来予測
空き地、所有者不明土地の実態と将来予測
所有者不明マンションの実態)
第2章 現状の対策(空き家解体促進策と空家法
空き家の利活用促進策
空き家対策の新たな潮流―「近隣力」の活用
空き家ビジネスの最前線―「負動産」活用ビジネス
空き地、所有者不明土地対策)
第3章 より根本的な対策1―まちづくりとの連動(点としての対応から面としての対応へ
コンパクトシティ政策
エリアマネジメント)
第4章 より根本的な対策2―所有権の放棄ルール(解体費用事前徴収の仕組み
利用権設定の仕組み
所有権放棄ルールの必要性
所有者不明マンション対策)
第5章 価値の残る不動産を持つために(所有者の責任とリスク
空き家の利活用、処分の可能性
今後の住まい選び―取得後の出口があるか)

商品詳細情報

サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 捨てられる土地と家
  • 捨てられる土地と家

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中