ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋
  • 仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋
  • 仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋

  • 仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋
  • 仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋
  • 仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋

仕覆作りは茶道の楽しみ、暮らしの彩り 世界にひとつの、心を包む袋

  • 田中真紀子/著 田中 真紀子
    兵庫県宝塚市出身。京都大学卒業後メガバンクに勤務し、海外広報などを担当

  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-416-61872-1
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 茶道具を入れる袋「仕覆」は、中身に合わせて布や紐を選び、採寸して一点ずつ作るもの。その作り方と様々な楽しみ方を紹介する。
目次
茶籠で愛でる仕覆
暮らしによりそう仕覆
仕覆作りの道具と基本の縫い方
基本の作り方
魅せる紐結び
イメージを決めるのは、器と紐と布との取り合わせ
田中真紀子さん、仕覆作りの旅に出る。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「仕覆(しふく)」とは、茶道で使う茶入れや茶碗などの道具類を入れる袋のこと。
器に合わせて布や紐を吟味した美しいものを添えるのが習わしだ。
さまざまな形に沿うよう、ひとつずつ採寸して手縫いで作るのも特徴。
茶道具のみならず、お気に入りのグラスやジュエリーケースといった大切なものに合わせて作れば、
その楽しみは幾重にも広がっていく。

本書ではそんな仕覆のさまざまな使い方や基本の作り方を紹介する。
たとえば、父親に、使わなくなったネクタイでぐい飲み入れを作ったり、
ワイン好きの友人にワインボトル入れを作ったり、
もちろん自分用に作って部屋に飾ったり……。
仕覆作りに出会ったことで、人生が豊かになったという著者が、
仕覆の魅力を余すことなく伝える一冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中