ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平成史への証言 政治はなぜ劣化したか

  • 平成史への証言 政治はなぜ劣化したか

平成史への証言 政治はなぜ劣化したか

  • 田中秀征/著 吉田貴文/聞き手 田中 秀征
    1940年長野県生まれ。福山大学経済学部教授を経て、客員教授、石橋湛山記念財団理事、NPO「民権塾」塾長。東京大学文学部西洋史学科、北海道大学法学部卒業。83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。細川護煕政権の首相特別補佐。第1次橋本内閣で国務大臣・経済企画庁長官などを歴任

    吉田 貴文
    1962年兵庫県生まれ。朝日新聞WEBRONZA編集長。東京大学卒。86年、朝日新聞社入社。政治部で首相官邸、新党さきがけ、外務省、防衛庁(現防衛省)、環境庁(現環境省)などを担当。世論調査センター、オピニオン編集部を経て現職

  • シリーズ名
    朝日選書 976
  • ISBN
    978-4-02-263076-6
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 冷戦終結で、政治・経済・軍事と世界の戦後秩序は大きく転換し始めた。常に政権に関わり凝視してきた著者が語る日本政治の30年。
    (「近刊情報」より)
目次
序章 九〇年代は大転換期
1章 時代の転換点と自民党の下野
2章 新党さきがけはどうしてできたのか
3章 細川政権ができるまで
4章 細川政権が成し遂げたこと
5章 細川政権の崩壊
6章 羽田政権から村山政権へ
7章 さきがけはなぜ、分裂したのか?
終章 民主党の失敗と日本政治の今後の課題

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

1989年12月、マルタ島で米ソ首脳が「冷戦の終結」を宣言。世界はかつてない歴史の大変動に見舞われた。平成の始まりは内外ともに歴史の大変動期と重なっていた。連動して日本でも、55年体制が終焉。大きな政治転換が起こり、バブル崩壊という経済の大変動にも晒された。連立政権が成立しては崩壊し、政党の分裂と合従連衡が繰り返され、「日本の新しい進路」は見いだされぬまま、混乱は今も続く。この激動期に国政に関与し、細川、村山、橋本政権の中枢で重要な政策決定、政治決断に関与した著者が、所蔵する膨大な資料をもとに、平成政治の大政局の表裏面を語る。政治目標であった政治改革や行政改革の正否、政治の劣化の原因を解く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 平成史への証言 政治はなぜ劣化したか
  • 平成史への証言 政治はなぜ劣化したか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中