ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 伝説のヤクザ18人

  • 伝説のヤクザ18人

伝説のヤクザ18人

  • 山平重樹/著 山平重樹(やまだいら・しげき)
    1953年山形県生まれ。法政大学卒業後、フリーライターとして活躍。著書にベストセラーとなった「ヤクザに学ぶ」シリーズほか多数。

  • シリーズ名
    文庫ぎんが堂 や4-1
  • ページ数
    266p
  • ISBN
    978-4-7816-7172-7
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

840 (税込:907

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これが本物の侠(おとこ)たちだ!
    (「近刊情報」より)
目次
ヤクザ界の共存共栄に心砕いた真の任侠―堀政夫(住吉連合会総裁)
喧嘩の掛けあいで一歩も引かぬ“トッパ政”―浜本政吉(住吉会最高顧問)
稲川会の礎を築いたハマの愚連隊“モロッコの辰”―出口辰夫(稲川一家幹部)
三十一歳で非業の死 北海道の“雁木のバラ”―荏原哲夫(会津家小高実子分)
前代未聞の「逆破門状」を突きつけた反逆児“ジャッキー”―長岡宗一(元山口組系柳川組北海道支部長)
北海道ヤクザの歴史を変えた“北海のライオン”―石間春夫(五代目山口組初代誠友会総長)
数々の破天荒エピソードを誇る北海道の「南海の松」―松田武嗣(飯島一家松本分家庵袋二代目)
戦後の混乱から日本人を守った「渋谷事件」の戦闘司令官―高橋岩太郎(國粋会落合一家六代目総長)
大親分相手の名啖呵で男をあげた「関根の軍治」―藤田卯一郎(松葉会初代会長)
“独眼竜の政”の喧嘩度胸―森田政治(日本國粋会初代会長)
千年の都に輝いた「残侠」の攻防―図越利一(会津小鉄会総裁)
夭折した「近代ヤクザ」の先駆け(住吉一家大日本興業初代会長)―高橋輝男
戦後の仙台を彗星のごとく駆け抜けた“不良の神様”―吉田武(欧州西海家初代吉田会会長)
筑豊の荒くれ“川筋モン”を束ねた情愛の親分―太田州春(大州会初代会長)
戦後の混乱期「組員一万人」を誇った大親分―関根賢(関根組組長)
信心深いドンにして古風な“近代ヤクザ”―石井隆匡(稲川会二代目会長)
“御大”と畏敬された北海道のドン―小高龍湖(会津家小高初代)
新橋闇市の風雲児“カッパの松”―松田義一(関東松田組組長)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

近年、ヤクザは徹底的に社会から排除される存在となり、けっして“伝説”にはなり得ない。しかし、かつての日本には、誰もが“伝説”と認めるヤクザたちがいた。「任侠」を貫抜きとおした彼らは、どう生き、どう散っていったのか。戦後、ヤクザが群雄割拠した時代をのしあがった侠たちが、いま鮮やかに甦る。日本人が失いつつある本当の「任侠道」がここにある。

ページの先頭へ

閉じる

  • 伝説のヤクザ18人
  • 伝説のヤクザ18人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中