ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社長争奪 ―世襲・派閥・策謀
  • 社長争奪 ―世襲・派閥・策謀

  • 社長争奪 ―世襲・派閥・策謀
  • 社長争奪 ―世襲・派閥・策謀

社長争奪 ―世襲・派閥・策謀

  • 有森隆/著 有森 隆
    経済ジャーナリスト。早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている

  • ページ数
    331p
  • ISBN
    978-4-86581-158-2
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 社長はオレだ!権力奪取のダークサイド!

    経営トップをめぐる社内抗争は企業につきものだ。社長派、反社長派が対立し、秘密警察さながらに社員の動向を探る。怪文書が飛び交いスキャンダルがリークされる。クーデターによる追い落としが成功すると、粛清人事と論功行賞人事だ。そして新たなトップが長期政権による院政をはじめ、次なる内紛の火種となる――。

    大塚家具、NEC、三越伊勢丹、野村證券、クックパッド、みずほFG、パナソニック、ダイエー……有名大企業8社の事例に見る、権力奪取の非情な闘い!

    社長を追い落すために怪文書を送りつづけたのは誰か
    「ミスター百貨店」の異名をとった三越伊勢丹HD社長の大西洋が、クーデターによって解任された。
    半年のあいだに、怪文書が複数飛び交い、取引銀行や社外取締役の自宅に頻繁に届けられた。
    発信源は経営統合以降、抑え込まれて反発していた旧三越出身の一派か。
    「三越と伊勢丹の現役役員と労働組合が反大西で手を組んだ」「旧伊勢丹内部の権力抗争の産物」と見立てもあった。
目次
第1章 大塚家具―創業家父娘がトップ争いで激突
第2章 NEC―会長vs.社長のドロ沼戦争
第3章 三越伊勢丹―くり返される宿痾の社長解任劇
第4章 野村證券―会社は“あざとい”社長で迷走する
第5章 クックパッド―ガバナンスに足をすくわれた創業社長
第6章 みずほFG―旧3行入り乱れた果てなき派閥抗争
第7章 パナソニック―創業家の世襲が断たれるとき
第8章 ダイエー―創業者が引き際に失敗し会社消滅

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中