ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

  • 「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

  • 佐々木大輔/著 佐々木 大輔
    freee(フリー)創業者・代表取締役CEO。1980年東京生まれ。一橋大学商学部卒。大学在学中に派遣留学生として、ストックホルム経済大学(スウェーデン)に在籍。卒業後は、株式会社博報堂でマーケティングプランナーとしてクライアントへのマーケティング戦略の立案に従事する。その後、未公開株式投資ファーム・CLSAキャピタルパートナーズでの投資アナリストを経て、株式会社ALBERTの執行役員CFOに就任。2008年にGoogleに参画。2012年7月、freee株式会社を創業し、シェアNo.1クラウド会計ソフト「freee」等を提供している

  • ISBN
    978-4-534-05598-9
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • Googleでのプロジェクトを成功させ、さらにシェアNo.1クラウド会計ソフトfreeeを開発した「3か月ルール」とは?
    「やらなければならないこと」に追われる毎日から抜け出し、「本当にやりたいこと」を実現するための時間の使い方を紹介する。

    「やらなければならないこと」に追われる毎日から抜け出そう。
    働き方改革、AI、長時間労働、効率化、生産性…「時間の使い方」の巧拙で圧倒的な個人差が生まれる時代。
    日本のイノベーター30人、日本の主役100人、日本の起業家ランキングベスト10に選出された著者が明かす、"新しい時間術"。
目次
第1章 「3か月」で人生は変わる(「3か月」、1つのテーマに取り組む
成功体験は「3か月」でつくることができる ほか)
第2章 3か月の「テーマ」を決める(ワクワクしないと続かない
「みんながやらないこと」をやってみる ほか)
第3章 3か月の「ゴール」を決める(「理想ドリブン」で考える
目標は「自分がコントロールできること」 ほか)
第4章 3か月の「時間泥棒」を見つける(意思決定の「型」をもつ
効率化できること、できないことを見極める ほか)
第5章 3か月の「生産性」を高めるスケジューリング(プロジェクトは同時並行せず、一点集中
決めた計画には遅れない ほか)
第6章 成功は「アウトプット」しなければ始まらない(とにかくやってみる「アウトプット→思考」
まずは1周するまでやってみる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

◎働き方改革、残業ゼロ、AI、効率化、生産性……
「時間の使い方」の巧拙によって圧倒的な個人差が生まれる時代に、必読の1冊

「やりたいことがあるけれど、なかなか時間がない」
「いつも、やらなければいけないことに追われている」
そんな悩みを抱えるすべての人へ贈る、新しい時間術

Googleでは、「3か月サイクル」と呼ばれる時間軸で、プロジェクトも人事異動も行われており、
「3か月」は1つのことに集中でき、確実に変化を起こせる最少単位であるという。
著者はGoogleで働きながら、仕事前と仕事後の時間を使って、現在ではシェアNo1を誇るクラウド会計ソフトfreeeの開発に注力した。
その後、創業したfreee株式会社を100億円集めるまでの会社に成長させ、「日本のイノベーター100人」「日本の主役100人」「日本の起業家ランキングベスト10」に選出されるなど活躍している。
Googleでのアジア・パシフィック担当時代のプロジェクト成功、クラウド会計ソフト「freee」を生み出したのも、すべて「3か月」が大きなポイントだった。

働き方改革、残業ゼロ、AI、効率化、生産性……、「時間の使い方」の巧拙によって圧倒的な個人差が生まれる時代に、必読の1冊。

◎「本当にやりたいこと」実現できていますか?

「時間術」や「タイムマネジメント」は、効率化して生み出した時間を、創造的な仕事や人間関係の構築など「非効率なこと」に注ぐためにある、と著者はいう。
とりわけAI時代には、一見すると「非効率なこと」は人間が時間を注ぐ重要な領域になっていくとも。
そこで、本書では、目の前の「やらなければならない」ことに追われる毎日から抜け出して、
3か月で「本当にやりたい(非効率な)こと」を実現するためのノウハウを紹介している。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」
  • 「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中