ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 認知症になった親の財産と生活を守る12のメソッド

  • 認知症になった親の財産と生活を守る12のメソッド

認知症になった親の財産と生活を守る12のメソッド

  • 外岡潤/著 外岡 潤
    弁護士、ホームヘルパー2級。「法律事務所おかげさま」代表。介護・福祉の業界におけるトラブル解決の専門家。介護・福祉の世界をこよなく愛し、現場の調和の空気を護ることを使命とする。介護トラブルの典型である「高齢者の転倒・骨折」の平和的解決策を模索する中、トラブルを話し合いで解決する調停技術「メディエーション」と出会い、その実践と養成講座を主催。趣味の手品と日舞のショーを施設で披露する傍ら、年間100件以上のセミナーや連載執筆をこなす

  • ISBN
    978-4-539-72613-6
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 成年後見を使わない方法も考えてみませんか?
目次
不動産編(長男の嫁VS小姑―長年の不仲の末に勃発した実家の相続をめぐるトラブル
兄VS妹―認知症が疑われる父の財産管理をめぐるトラブル ほか)
金融資産編(兄VS弟―遺言書を残さずに急死した父の遺産分割協議をめぐるトラブル
兄VS弟―遺産分割協議の内容の履行、遺骨の返還をめぐるトラブル ほか)
医療・介護編(叔父VS嫁―末期がんに苦しむ義父の治療方針をめぐる意見対立
兄VS弟―母の介護プランをめぐる意見対立)
人間関係編(長男VS叔母―長年所在のわからなかった父の支援をめぐるトラブル
長男VS愛人―老いらくの恋に浮かれる父をめぐるトラブル)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本は超高齢社会を迎えて久しいにもかかわらず、
「認知症」という症状に完全に対応する法的な策は未だに確立されていません。

「後見制度」の利用を思い浮かべる方も多いと思いますが、この制度には盲点とも言える欠点があり、
本書ではなるべく法制度に頼らずに認知症の親の財産と生活を守る方法を、
事例に沿って提案しています。

本書の考える後見制度の欠点は、大きく次の2つです。

・「硬直的」に過ぎ、お金を「家族」単位ではなく「個人」単位で管理するため、
利用者が心理的な抵抗を感じやすい
・「後見人に非常に強大な権限が与えられる」ため、
本人が嫌がろうと「本人のため」という建前で全部後見人が決めてしまえる

実は、本書で取り上げるトラブルの大半は、きょうだい間のこじれから弁護士に相談が持ち込まれています。
人間関係さえ良好に保たれていれば、家族の話し合いによって対処でき、
裁判所のお世話になるような事態にはならなかったかもしれません。

読者の皆様には、本書をきっかけに、
法制度によらない親の認知症対策を考える手掛りを掴んでいただきたいと思います。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 認知症になった親の財産と生活を守る12のメソッド
  • 認知症になった親の財産と生活を守る12のメソッド

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中