ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス

  • 心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス

心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス

  • 荻野淳也/著 一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事。慶応大学卒、外資系コンサルタントやベンチャー企業のIPO担当や取締役を経て、リーダーシップ開発、組織開発の分野で、一部上場企業からベンチャー企業までを対象にしたコンサルティング、トレーニング、エグゼクティブコーチングに従事。
    ミッションマネジメント、マインドフルリーダーシップ、マインドフルコーチングという軸で、リーダーや組織の本質的な課題にフォーカスし、リーダーや組織の変容を支援している。Googleで開発されたSIYの認定講師。
    慶應義塾大学大学院 システムデザインマネジメント研究科・研究員、特定非営利活動法人いい会社をふやしましょう・共同発起人でもある。
    共著書に『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方』(日本能率協会出版 共著)、監修・解説として『マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命』(サンガ出版)『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』(ジェームス・ドゥティ著 プレジデント社)などがある。

  • ISBN
    978-4-86651-050-7
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,100 (税込:1,188

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ハーバードやスタンフォードで大人気な心のトレーニング、マインドフルネスを生活にとり入れて、自分を大切に暮らす方法。

    ついつい頑張りすぎて、忙しい毎日に流されるように生きていませんか。
    ハーバードやスタンフォードでも大人気の心のトレーニング、マインドフルネスを生活にとり入れて、 自分を大切に暮らす方法。

    時間がない、忙しい人でも大丈夫!
    「歩く」「食べる」「家事をする」など、日常の動作にマインドフルネスをとりいれるコツ64。
    マインドフルネスとは、「今、この瞬間に集中している」心の状態のこと。
    まとまった休む時間がなくても、今この瞬間に集中できている時間を増やすことでストレスが消え、 感情をコントロールできるようになります。

    日々の一瞬一瞬を大切にする生き方を、マインドフルネスで始めませんか。
    何が起こっても「私は私で大丈夫」と思える、しなやかな自分に変われます。

    ●歩きながら行う「歩く瞑想」
    ●最初の一口だけでもマインドフルネスに食べる
    ●利き手と反対の手で歯を磨く
    ●一粒のチョコを味わって食べる
    ●両手でコップを持ち一杯の水を飲む
    ●自分だけの秘密の避難場所をつくる
    ●怒りを感じたら「シベリア北鉄道」に乗り冷静になる
    ●待ち時間は「神様がくれたすき間時間」
目次
パート1 【心身不調】からだの感覚に敏感になる
パート2 【滅茶苦茶】きちんとした暮らしを整える
パート3 【日々苛々】せかせかした気持ちを柔らかくする日々の習慣
パート4 【休息所望】今日は自分を休ませる! と決める
パート5 【付合下手】ほどよい距離感で人間関係を良くする
パート6 【情緒不安定】ざわざわした心を穏やかにする
パート7 【人生迷子?】自分をもっと好きになって未来にワクワクする

★こんなことに心当たりがある方におすすめです

□毎朝通勤電車が混んでいて朝からイライラ。会社についても思い通りにいかない相手にイライラする。
□自分のできないところを責めてしまい不安が心の中でもやもや。寝る前にも不安が浮かんできて眠れない。
□夫や子どもにイライラしてしまい、そんな自分に自己嫌悪……。
□仕事中は子どものことが心配になり、家に帰って子どもといるときは残した仕事が気になる……。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ついつい頑張りすぎて、忙しい毎日に流されるように生きていませんか。
ハーバードやスタンフォードでも大人気の心のトレーニング、マインドフルネスを生活にとり入れて、
自分を大切に暮らす方法。
「歩く」「食べる」「家事をする」など、日常の動作にマインドフルネスの習慣を組み込むコツ64。
マインドフルネスとは、「今、この瞬間に集中している」心の状態のこと。
まとまった休む時間がなくても、マインドフルな瞬間を増やすだけで心が軽く、楽になります。

この本で紹介していることは担当編集も、実際に仕事の合間などに実践しています。
瞑想と聞くと難しそうですが、深呼吸をして心を落ち着ける瞬間を持つだけで、忙しく焦っていた心が落ち着くことを実感しています。
この本との出会いが、忙しくがんばる人が自分を大切に暮らすためのきっかけになることを願っています。

ページの先頭へ

閉じる

  • 心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス
  • 心のざわざわ・イライラを消すがんばりすぎない休み方 すき間時間で始めるマインドフルネス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中