ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • インスタグラムと現代視覚文化論 レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって
  • インスタグラムと現代視覚文化論 レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって

  • インスタグラムと現代視覚文化論 レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって
  • インスタグラムと現代視覚文化論 レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって

インスタグラムと現代視覚文化論 レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって

  • ISBN
    978-4-8025-1101-8
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • メディア理論家レフ・マノヴィッチのインスタグラム論を全訳。9名の論者による解説・探究・拡張的論考を収録!
目次
1 インスタグラミズムとレフ・マノヴィッチ(レフ・マノヴィッチとインスタグラム美学(甲斐義明)
なぜインスタグラムだったのか―最後尾のメディア受容記述者としてのレフ・マノヴィッチ(きりとりめでる)
observasion―インスタグラムと日本 日本のインスタグラム観測記録:2010→2018(ばるぼら))
2 デジタル写真の今/諸相(デジタル写真の現在―三つの層から考える(前川修)
接続する写真―記憶、自撮り、身振り(増田展大)
Photoshop以降の写真作品 「写真装置」のソフトウェアについて(永田康祐)
scene―データビジュアライゼーションの現場から コードを書き、可視化する(芝尾幸一郎))
3 文化はどこへ行くのか?(写真の理解可能性―計量社会学とインスタグラム(筒井淳也)
カルチュラル・アナリティクスの過去・現在・未来(久保田晃弘))

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

デジタル写真研究の新たなる指標が堂々誕生。

1、レフ・マノヴィッチによる注目の論考
「インスタグラムと現代イメージ」の全訳!
今では文化の主流となりつつも、これまで全く語られなかったインスタグラムが
ビッグデータ分析という手法によって、ついに真正面から探求されます。
インスタグラムの”あの雰囲気”の正体は !?「デザイン写真」とは !?

2、日本の著者による9つの重要論考を収録!
気鋭の論者たちが、レフ・マノヴィッチのインスタグラム論の解説から、従来の
写真論とのつながり、さらにはデータサイエンスまでをカバーする充実の論考集。

<執筆陣>
前川修(『写真のアルケオロジー』(青弓社) 共訳者)
甲斐義明(『写真の理論』(月曜社) 編訳者)
増田展大(『科学者の網膜』(青弓社) 著者)
筒井淳也(『社会学入門』(有斐閣)共著者、『結婚と家族のこれから』(光文社新書) 著者)
ばるぼら(『僕たちのインターネット史』(亜紀書房) 共著者)
永田康祐(東京藝術大学大学院美術研究科修了 恵比寿映像祭2018 出展)
芝尾幸一郎(コンピュータアーティスト 情報科学芸術大学院大学修了)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中