ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

  • 敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

ポイント倍率

敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

  • イルセ・サン/〔著〕 枇谷玲子/訳 サン,イルセ(Sand,Ilse)
    心理療法士。デンマークのオーフス大学で神学を学び、C・G・ユングとキルケゴールに関する修士論文を執筆。また、いくつかの心理療法的アプローチの訓練を受けており、デンマークの心理療法協会の会員でもある。数年間、デンマーク国教会の教区司祭を務め、スーパーバイザー、トレーナー、講演者、セラピストとして活動している

    枇谷 玲子
    1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学卒業。北欧の書籍の翻訳紹介に注力している

  • ISBN
    978-4-7993-2310-6
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「なぜこんなに疲れる?」と感じているあなたへ。「過度な刺激から自分を守る方法」「堂々巡りの不安を断ち切る方法」「自分に正直な選択をする方法」など、心がスッとラクになる!

    ∥CONTENS∥

    ◎ 巻頭付録 敏感度診断テスト & 内向度/外向度診断テスト
    ◎敏感な人と内向的な人の特徴
    ◎ ラクに生きるヒント1 過度な刺激から自分を守る
    ◎ ラクに生きるヒント2 堂々巡りの不安を断ち切る
    ◎ ラクに生きるヒント3 日々に喜びや意義を見いだす
    ◎ ラクに生きるヒント4 不快なコミュニケーションを回避する
    ◎ ラクに生きるヒント5 自分に正直な選択をする
    ◎ ラクに生きるヒント6 自分の個性を快く受け入れる
目次
巻頭付録 あなたは敏感な人?内向的な人?
プロローグ “敏感な人”と“内向的な人”の特徴
1 過度な刺激から自分を守る
2 堂々巡りの不安を断ち切る
3 日々に喜びや意義を見いだす
4 不快なコミュニケーションを回避する
5 自分に正直な選択をする
6 自分の個性を快く受け入れる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━
敏感な人 …… 5人に1人
内向的な人 …… 2,3人に1人
━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

敏感な人や内向的な人が、生きづらい世の中で、自分らしく生きる6つのヒント

「読んで心が楽になりました」 「涙が出ました」 「敏感すぎる人たちへの救いの書」
嬉しい反響を続々いただいた『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』の著者最新作!

*敏感な人…… HSP(Highly Sensitive Person)

敏感な人や内向的な人は、高い能力を持っています。

今の社会は、外向的で鈍感な人ばかりがうまく渡り歩き、内向的な人や敏感な人は損をしているように見えるかもしれません。
しかし、自分の個性にきちんと向き合い、それを上手に生かすことができれば、
敏感で内向的な自分のままで、じゅうぶんラクに生きていけるのです。

本書では、そのためのヒントをひとつひとつ具体的に、丁寧にお伝えしていきます。
きっと、日々の生活で役立てていただけるはずです。

━━━━━━━ CHECK1 あなたも敏感な人? ━━━━━━━━━
□毎日、1人でいる時間が必要
□他の人が気にならない光や香りにも、ひどくいら立たされる
□世間話より、信頼関係に基づく、
深くて意義のある会話のほうが好きだ
□争いやケンカをするのが苦手
□静寂のなか自然散策すると気分がよくなる ……etc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━ CHECK2 あなたも内向的な人? ━━━━━━━━
□周りの人たちがせわしなくしている場所にいるより、
一人で落ち着いて静かにしているほうが好き
□自分はたいてい静かで落ち着いた調子で話し、
声のトーンが上がることは滅多にない
□なにかの答えを探すとき、外に答えを求めるのではなく、
自分の気持ちや直感などの心の声に耳を傾ける ……etc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者コメント

敏感な人や内向的な人がこの世界で「自分らしくありたい」と声を上げはじめている

とても敏感な人(HSP Highly Sens1t1ve Person) は5人に1人、内向的な人は2、3人に1人いるとされています。
この数字を見てもわかるとおり、実は敏感な人や内向的な人は大勢います。
自分自身がそうであるとか、家族、友人、同僚に思い当たる人がいる、という方がほとんどではないでしょうか。
著者である私も内向的なHSPです。
自身の経験を生かして、心理療法士として長年敏感な人や内向的な人のケアをしてきました。

私は、敏感であることや内向的であることが、近い将来市民権を得て認められるようになるのではないかと期待しています。
またその変化を少しずつ感じています。
それでも多くの人が今でも、労働市場で活躍できるチャンスが減るのを危惧して、
自分が敏感であったり内向的であったりすることを公にするのをためらっています。

作り手の思い

今の社会のなかでは、控えめで集団の中心から外れて狭く深い人間関係を築こうとする人よりも、
多くの人と積極的に関わる外向的な人のほうが評価されやすいのが現実です。
そのようななかで生きていかねばならぬ困難さを感じている人も少なくないでしょう。

しかし、実際には、敏感な人や内向的な人の多くは、能力が高く、さまざまな才能を持っています。
物事を深く多角的に考える力や、相手の気持ちを察して気配りできる力があり、
想像力が豊かでクリエイティブな才能に恵まれているなど、たくさんあります。
私たちが、敏感で内向的な自分を受け入れて、自分の特性を生かせば、
それは他の人の見本となって水面の輪のように広がっていきます。
自分に自信を持てるようになった人の多くは、萎縮したり、自分を恥じたりすることなく、社会にいられるようになるでしょう。

これまで世のなかに蔓延していた”異質なもの”への恐怖は、
「人間のあり方や行動には多様性があり、それぞれの人が自分らしく生きるのは素晴らしいことである」という認識に、いつか取って代わっていくでしょう。
そして、「敏感であろうと活発であろうと、男性だろうと女性だろうと、国籍・出自にかかわらず、誰しもが等しく価値がある」
という認識が、世のなかに広まっていきますように。

――デンマーク・ラディングより イルセ・サン

ページの先頭へ

閉じる

  • 敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント
  • 敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中