ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代日本のタブー その余りにもビミョーな存在

  • 現代日本のタブー その余りにもビミョーな存在

現代日本のタブー その余りにもビミョーな存在

  • 土屋晴仁/著 土屋 晴仁
    フリー編集者&ライター。1949年新潟県佐渡市生まれ。企業の広告・広報や、新聞社・出版社の編集・執筆業務を行う。ICT分野での自著や講演も多数こなしてきたが、日本の伝統文化や社会心理などを対象にすることも多い

  • シリーズ名
    対訳ニッポン双書
  • ページ数
    205p
  • ISBN
    978-4-7946-0545-0
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人自身でさえ気づいていない、しかし確実に生活場面での言動を制約している「拘束力」こそが現代のタブーだ!「おもてなし」文化の真逆に位置する「タブー」はどうして生まれ、どう変化するのか?現代日本のタブーを英語で考えてみる!
目次
1 ガイジンが見つけた日本のタブー(日本は「右側通行」なのか「左側通行」なのか?
神社と寺はどう違うのか? ほか)
2 昨今の気になる事件とタブー(21世紀によみがえった「村八分」事件
有名人スキャンダル報道にも自主規制 ほか)
3 日常生活やカジュアルな光景に見るタブー(ハラール、コーシャ、ベジーへの対応
日本人だけが好む「八重歯」 ほか)
4 消えるタブーと増えるタブー(性的少数者に対する偏見はどうなる?
「女性活用」政策のための和製英語? ほか)
5 タブーと向き合うための5つのキーワード(キーワード1 現実的視点:「ニッポン、いいね」に距離を置く
キーワード2 闘う気構え:隣人は“地獄の使者”かもしれない ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代日本のタブー その余りにもビミョーな存在
  • 現代日本のタブー その余りにもビミョーな存在

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中