ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 兵隊さんに愛されたヒョウのハチ

  • 兵隊さんに愛されたヒョウのハチ

兵隊さんに愛されたヒョウのハチ

  • 祓川学/作 伏木ありさ/絵 祓川 学
    ノンフィクションライター、児童文学作家。1965年東京生まれ。立正大学経済学部卒業後、総合週刊誌、月刊誌等で主に皇室記事を担当。ほか事件、ヒューマン・ドキュメンタリー、著名人へのインタビュー記事にも取り組み、海外・国内で取材活動を続けている

    伏木 ありさ
    1989年生まれ。千葉県出身。イラストレーション青山塾にてイラストレーションを学ぶ。イラストレーターズ通信会員

  • ISBN
    978-4-8024-0058-9
  • 発売日
    2018年06月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦火の中、優しさを失わなかった日本兵たちがいた―
    “くじら部隊”と呼ばれた歩兵部隊にいた小隊長・成岡正久さんが出会った1匹のヒョウの赤ちゃん。
    “ハチ”と名づけられ、隊員たちからかわいがられたハチは、人間を本当の仲間だと思うようになっていきました。
    人も襲う猛獣のヒョウが日本兵たちと心を通わせた奇跡の実話。
目次
プロローグ 中国へ、くじら部隊出発
第1章 牛頭山子ヒョウとの出会い
第2章 命名『ハチ』
第3章 ハチが決闘!
第4章 お別れのとき
第5章 日本へ引っ越し
第6章 戦争による猛獣たちの悲劇
第7章 ハチとの再会
第8章 ヒョウのおじさん
エピローグ ハチ復活へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 小学34年生 小学5
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

戦争中に、豹が部隊で飼われていたなんてなんの冗談だろうと思って読んだら本当にあったお話でした。赤ちゃんの時から人間に育てられた豹の「ハチ」は人間が大好き。それも、軍服姿の人には、無条件に警戒を解いていたようです。その様子はまるでネコ。連戦の部隊では連れて歩くことが難しくなり上野動物園に送られて飼育されることになったハチ。でも、そこには、戦時中の悲劇が待っていました・・。これはもうひとつの「かわいそうなぞう」だと思います。ただ、語り継がれたかわいそうなぞうと違いこのお話には後日談というべきお話が続いていました。ハチを一番にかわいがっていた高知出身の兵隊さんがハチのことをいろんな人に語って聞かせ剥製になったハチは、修理されて、今なお、戦争の悲劇を伝えているようです。動物と人間の心の交流戦争の悲惨さたとえ命は尽きても、その人の心では行き続ける思い出いろんなことを伝えてくれる大人にも薦めたい一冊です。(やこちんさん 50代・兵庫県 女の子14歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 兵隊さんに愛されたヒョウのハチ
  • 兵隊さんに愛されたヒョウのハチ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中