ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひとりでできる、職場でできる、自治体の業務改善 時間の創出と有効活用

  • ひとりでできる、職場でできる、自治体の業務改善 時間の創出と有効活用

ひとりでできる、職場でできる、自治体の業務改善 時間の創出と有効活用

  • ページ数
    180p
  • ISBN
    978-4-87555-814-9
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、これからの自治体における「業務時間の創出と有効活用」を中心にした業務改善の考え方、進め方を提案しています。
    自治体において業務改善の必要性は共有されても、その実践を通じて成果を享受している自治体の報告は多いとは言えません。本書は自治体において、現状、業務改善に取り組む上で成果実現の壁となっている課題を整理し、その克服に向けた業務改善アプローチを提案しています。
    本書が対象としているのは“業務改善に意欲はあるが、慣れていない職員”です。業務改善への意欲を前提としながら、業務改善をどこから、どのように取り組めば良いのかわからない職員や、業務改善に取り組んだけれど期待した成果を実現できなかったため、再チャレンジしたい職員の方々を想定しています。このような職員の皆さんが「どこから(対象)」、「どのように進める(方法)」のが良いのかを理解し、行動に移すための内容としています。
    本書の構成
    本書は「事例編」と「実践編」の2編で構成されています。「事例編」では、自治体の業務改善の事例を職員同士が意見交換する形式でかかれており、業務改善に慣れていない職員の皆さんに職場での“業務改善とは何か”、“成果を出すためのポイントは何か”を理解していただく内容です。
    「実践編」では、自治体職場での業務改善の考え方・進め方・手法を提案しています。
    現状の取り組み上の課題については、全庁的業務改善運動を推進している企画部門や行政管理部門、業務改善研修を運営している人材開発部門の職員の方々と共有し、また、業務改善余地については、担当業務についての改善意欲と改善能力を持つ複数の自治体の管理監督者級の職員の方々とのディスカッションを重ねた内容です。よって、本書で掲げた課題は自治体にとって重大(深刻)であり、そして、提案アプローチの効果性、実現可能性は高いと考えています。本書で提案するアプローチを参考に、実効性のある業務改善活動が展開されることを期待しています。
目次
事例編 自治体の業務改善―職員が語り、意見交換する業務改善の成果要因(既存業務からの時間創出の余地
時間創出のアイデア
主な業務タイプ別・時間創出の余地と創出のアイデア
業務改善実践から学んだこと、次に活かすべきこと)
実践編 自治体職場での業務改善の考え方・進め方・手法(自治体では業務改善が求められている
職場主体の業務改善活動の考え方・進め方
業務棚卸アプローチ(ステップ1)
問題解決プロセスアプローチ(ステップ2))

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ひとりでできる、職場でできる、自治体の業務改善 時間の創出と有効活用
  • ひとりでできる、職場でできる、自治体の業務改善 時間の創出と有効活用

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中