ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 辺境を歩いた人々

  • 辺境を歩いた人々

辺境を歩いた人々

  • シリーズ名
    河出文庫 み19-7
  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-309-41619-9
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸後期から戦前まで、辺境を踏査した四人、近藤富蔵、菅江真澄、松浦武四郎、笹森儀助の民俗探訪の実際と生涯。
    (「近刊情報」より)
目次
近藤富蔵(流され人
近藤重蔵と最上徳内 ほか)
松浦武四郎(えぞ地の探検
おいたちと諸国めぐり ほか)
菅江真澄(じょうかぶりの真澄
浅間山の噴火 ほか)
笹森儀助(幕末の世に生まれて
牧場の経営 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

思わぬことから人を殺めてしまい、八丈島に流刑となったが、膨大な風俗地誌『八丈実記』をまとめあげることになった近藤富蔵、陸奥にとどまり、民俗学の草分けとなった菅江真澄、蝦夷地のために尽くした探検家・松浦武四郎、沖縄、与那国、奄美、台湾…と生活・調査した笹森儀助。江戸後期から明治に至る、柳田民俗学誕生以前の民俗探訪の実際と先駆者四人の生涯。

ページの先頭へ

閉じる

  • 辺境を歩いた人々
  • 辺境を歩いた人々

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中