ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本

  • 「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本

「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本

  • ISBN
    978-4-86667-057-7
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「それって気にしすぎだよ~」

    みなさんは周りの人からそんなことをよく言われたりしていませんか?
    「周りの目を気にしてしまう」
    「知らない人と話すと緊張してうまくしゃべれない」
    「先のことばかりが気になって前に進めない」
    「どうせ自分はと思ってしまい、自信が持てない」などなど。

    これらはみんな「気にしすぎ」からくるものです。
    気にしすぎるというのは意識がすごく働いている状態を言います。
    人は、意識すればするほど、いろんなことに不安になったり、怒ったりします。
    すると、脳の緊張がどんどん高まり、意識が暴走しはじめます。
    そして、最終的に意識が想像した不幸が現実になってしまう……。
    これが「気にしすぎてうまくいかない」原因です。

    この本では、意識と無意識を楽しく紹介しながら、
    対人関係や仕事、そして日常などのあらゆるシーンで、
    無意識が使えるようになる方法を紹介していこうと思っています。
    それは、私がそうだったように、「気にしすぎる人たち」が、
    無意識の力で少しでもラクに生きていけるようになってほしいからです。
    無意識は、私の周りにあった、たくさんの「うまくいかないこと」をきれいに消し去ってくれました。
    それをみなさんにも体験してみてほしいのです。―――プロローグより
目次
第1章 なぜかつらい、うまくいかないは「意識」のせいだった
第2章 「無意識」っていったい何者?
第3章 「無意識」を味方にすれば人づき合いがラクになる
第4章 「無意識」の力でつらかった仕事が楽しくなる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本
  • 「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中