ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 幕末維新改メ

  • 幕末維新改メ

幕末維新改メ

  • 中村彰彦/著 中村 彰彦
    1949年栃木県生まれ。作家。東北大学文学部卒。卒業後、文藝春秋に編集者として勤務。1987年『明治新選組』で第十回エンタテインメント小説大賞を受賞。1991年より執筆活動に専念。1993年『五左衛門坂の敵討』で第一回中山義秀文学賞を、1994年『二つの山河』で第百十一回(1994年上半期)直木賞を、2005年に『落花は枝に還らずとも』で第二四回新田次郎文学賞を、また2015年には第四回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞

  • ISBN
    978-4-7949-6995-8
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「日本の夜明け」に隠れた悲劇の連鎖とは。直木賞作家が亡国の時代に生きた無骨な人々の息遣いを丹念に描く、書き下ろし幕末入門。戊辰一五〇年、その裏側を抉る。
目次
第1章 知られざる幕末史
第2章 消滅した浜田藩・小倉藩
第3章 幕末に誕生した四つの藩
第4章 戊辰戦争の敗者たち
第5章 勝者たちの内紛劇
第6章 移住という名目の「挙藩流罪」
第7章 明治という「逆光の時代」
第8章 戊辰戦争の東軍出身者と西南戦争

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

戊辰150年、その裏側を抉る。
「日本の夜明け」に隠れた悲劇の連鎖とは。
直木賞作家が亡国の時代に生きた無骨な人々の息遣いを丹念に描く、書き下ろし幕末入門。

「明治維新」という言葉に美しさを感じるのは主に西日本の人々で、
関東以北の人々にとってそれは「戊辰戦争」の追憶を呼び起こすものであった。
一見華やかに見える幕末維新の水面下の状況に焦点を合わせ、
そこに秘められた影を明らかにする。

西郷を討った男はその後どうなったのか。龍馬を切った男の野望とは。
無責任な理想主義を通した薩軍。
イメージとは違い、腐敗不正がまかり通り、
門閥・身分による差別が歴然としていた長州の奇兵隊。
そして山川浩・健次郎兄弟により会津藩松平家が名誉を回復するまで。
史料から読み解かれる、もう一つの幕末維新史。

ページの先頭へ

閉じる

  • 幕末維新改メ
  • 幕末維新改メ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中