ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑

  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑
  • 英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑

  • 清水建二/著 すずきひろし/著 本間昭文/イラスト 清水 建二
    東京都浅草生まれ。埼玉県立越谷北高校を卒業後、上智大学文学部英文学科に進む。卒業後は、ガイド通訳士、東進ハイスクール講師、進学の名門・県立浦和高校などを経て、埼玉県立白岡高校教諭

    すずき ひろし
    神奈川県生まれ。英語講師、英語教材開発者、イラストレーター。英語の文法や単語の意味をイラストを使ってわかりやすく明示化する方法を追求する。神奈川県の相模大野に開いた「おとなのための英語塾」やカルチャーセンターでの初歩の英語・ビジネス英語などの講座を通じ、生涯学習を支援する

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-7612-7345-3
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 100の語源で10,000語が身につく!すごい英単語集。

    1単語につき1イラスト! ページをめくるたびに重要単語が頭に飛び込んでくる?
    本書は、「語源」を学び、超効率的に英単語を覚える本です。
    「語源」とは、漢字でいう、偏(へん)・旁(つくり)・などにあたるもので、たいていの英単語は、次の3つの「語源」に分解されます。

    【例】 injection(注射する)
    ⇒in(中に
    接頭辞)+ject(投げる
    語根)+ion(もの
    接尾辞)
    これらの「語根」「接頭辞」「接尾辞」をまとめて「語源」といいます。

    ject(投げる)というイメージがつかめると・・・
    ・projectは pro(前に)+ject(投げる)⇒映し出す
    ・rejectは re(後ろに)+ject(投げる)⇒拒絶する
    ・ejectは e(外に)+ject(投げる)⇒排出する などなど芋づる式に語彙が広がります。

    このように重要単語を語源に沿って分解し、語源の知識と語彙をイラストを見ながら身につけていきます。
    一見、遠回りに思われる学習法かもしれませんが、語源の力によって1万語レベルの語彙が身につくことは、すでに語源研究によって実証されています。
目次
はじめに
語彙がケタ違いに増える「語源」学習法とは?
語源で学ぶ3つの効果
本書の構成

Chapter 1・・・ad-(~方へ、~の方を)
Chapter 2・・・con-, com-, co-(共に)
Chapter 3・・・de-(離れて、下に)
Chapter 4・・・sub-(下に)
Chapter 5・・・sur-, super-(上に、超えて)
Chapter 6・・・ex-(外に)
Chapter 7・・・pro-, pre-, for-(前に、前で)
Chapter 8・・・re-(再び、元に、後ろに)
Chapter 9・・・in-, im-, en-(中に、上に)
Chapter 10・・・ab-, dis-, se-(分離・否定・反対)
Chapter 11・・・un-, im-, in-, a-(否定)
Chapter 12・・・mono-, uni-, bi-, du-, tri-, multi-(数)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

【中学生~】
皆さんは英単語をどうやって覚えていますか?
たとえばリーダーの下につくサブリーダー。サブは「下・副」を表します。
道の下を通るから、sub/wayは「地下鉄」
海の下に潜るから、sub/marineは「潜水艦」
など、語源を押さえると、芋づる式に語彙が広がり、楽しく覚えられ、そして忘れにくくなります。語彙レベルはやや高めですが、豊富なイラストとともに楽しく学習できておススメです。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中