ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳の最高の休息法 脳マッサージ(わかさ夢MOOK 63)

  • 脳の最高の休息法 脳マッサージ(わかさ夢MOOK 63)

脳の最高の休息法 脳マッサージ(わかさ夢MOOK 63)

  • シリーズ名
    わかさ夢MOOK 63
  • ページ数
    66p
  • ISBN
    978-4-907400-62-0
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:886

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 不眠・ウツ・脳疲労・不安症が吹き飛ぶ!東大で実証 心の不調を解消。
    (「近刊情報」より)
目次
4不眠の専門医が考案! 深い眠りに誘い睡眠負債の蓄積を防ぐ ぐっすりストレッチ

・50代以上で睡眠時間が6時間以下、深夜に3回以上目が覚めたら「加齢不眠」の疑い大
・ぐっすりストレッチのステップ1は入浴中の「首もみストレッチ」で深部体温が大幅アップ
・ぐっすりストレッチを始めたら寝つきが早まり、1ヵ月後には不眠に伴う耳鳴りも鎮まり気分爽快
 他

5不眠伴う心身症や不快症状が薬に頼らず回復したとビジネスウーマンの間で人気の快眠ヨガ

・通常の治療に比べて睡眠の質が高まり薬の資料量も減ったと米国研究で「ヨガ」の有効性を報告
・快眠ヨガを始めたらすぐに寝つきが良くなり熟睡感が得られ、激務による体の疲労感も解消
 他

6パニック障害やあがり症を克服!不安や焦り、イライラを即座に鎮める「35秒幸せ深呼吸」

・不足した脳内ホルモンを増やす「呼吸法」をマスターすればウツやパニック症、あがり症も改善
・うつ症状が現れだして家事もできなくなったが、幸せ深呼吸で心が晴れ、顔つきまで変わった
 他

7聴くだけで自律神経が整い集中力も気力も向上!医大教授がすすめる528ヒーリング音

・528ヘルツの音には自律神経を鎮めて心身を安静にする働きがあり、聖歌にも含まれ癒し効果を発揮
・528ヘルツの音は1日10分聴くだけでよく、大学教授の私も実践したら集中力が増し、目覚めもスッキリ
 他

8認知症や統合失調症に有効と医師が確認した脳内ホルモンの活性化習慣「朝バナナ&朝日浴び」

・ウツやアルツハイマー、統合失調症は「脳にできた傷」を修復すれば改善すると判明
・脳の傷は強いストレスで脳内ホルモン「セロトニン」減るためにでき、増やせば傷の修復につながる
・薬を減らし朝の脳癒し習慣をすすめたらウツや統合失調症の人の9割、アルツハイマーの人と7割が改善
 他

商品詳細情報

フォーマット ムック
サイズ 29cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

不眠・ウツ・脳疲労・不安症が吹き飛ぶ!

★脳の最高の休息法★ 
東大で実証!心の不調を解消!「脳のマッサージ」

1「だるい」「眠れない」「動悸が続く」など、あなたの脳疲労の深刻度が測定できる。「1分ストレス診断」

・日本人の半数はストレスを抱えて心身を病む人も急増し精神疾患の患者数は約400万人
・ストレスの放置は禁物で心身症ばかりか高血圧・糖尿病から脳梗塞・ガンまで招く主要なリスク要因
・心身の回復には自分のストレスに気づくことが第一歩で「チェック表」で高得点なら受信が必要


2ストレスの軽減効果が厚労省や東大の研究でも実証された背中の筋肉を刺激する「脳マッサージ整体」

・心身とリラックスさせる急所は「背中の筋肉」で、緊張をほぐせば脳が活性化し自律神経も正常化
・背中をそらす「脳マッサージ整体」は脊柱起立筋を刺激し、3分行えば脳疲労が和らぎ入眠も促す
・ストレス過多で不眠や摂食障害を併発したが、脳マッサージ整体で改善し過敏性腸症候群も軽快
 他

3「ウツは脳の慢性炎症」が欧米の常識!ウツを防ぐ抗炎症フードは家庭で実践できる「地中海式魚菜食」

・薬物治療の改善率が3割程度なのは脳の炎症が放置されているためで、ウツ治療の見直しが必要。
・米国の調査でメタボの人はウツの発症率が高いとわかり、リノール酸や動物性脂肪の過剰摂津は注意
・脳の炎症を抑えるカラフル食材でテーブルも賑やか!「地中海式魚彩食」厳選レシピ
 他

ページの先頭へ

閉じる

  • 脳の最高の休息法 脳マッサージ(わかさ夢MOOK 63)
  • 脳の最高の休息法 脳マッサージ(わかさ夢MOOK 63)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中