ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マザーツリー 母なる樹の物語

  • マザーツリー 母なる樹の物語

マザーツリー 母なる樹の物語

  • C・Wニコル/作 佐竹美保/絵 ニコル,C.W.(Nicol,C.W.)
    1940年、英国南ウェールズ生まれ。95年、日本に帰化。英国女王より名誉大英勲章を受勲。ナチュラリストとして長野の黒姫山の森を護り、ウェールズ地方の森林保護運動と連携して「(財)C.W.ニコル・アファンの森財団」を設立

    佐竹 美保
    挿絵画家。SF、ファンタジーなどの分野で多くの作品を手がける

  • シリーズ名
    静山社ペガサス文庫 ニ-1-1
  • ISBN
    978-4-86389-449-5
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:968

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 悲しい目をした世捨て人、戦に命を散らした若者、木と対話のできる山の少女、母熊を失った子熊、そして切り倒された木々…権轟山の麓で、達磨岩に護られ、白糸川に育まれた、五百歳のミズナラの樹が、その身に起こった出来事を物語る。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 小学34年生 小学5
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

主人公は、500年の長い歳月を生きてきた、1本のミズナラの樹。「昔々、私が権轟山の麓に生まれてから今日までこの目で見た、さまざまな出来事の物語でございます。その昔、隻眼の悲しい目をした世捨て人が、私のそばに庵を編みました。私の前で、勇敢に命を散らした若武者もおりました。船大工の辰吉も、山の少女ツキも、思えば哀しい心を抱いた人たちでした。母熊を失った子熊の哀れな鳴き声や、子を捨てた母親の嘆きの声は、今もこの耳に残っております。荒らされた山、汚された川、そして切られた木々、私の体には悲しみが刻まれているのでございます。年輪の一本、一本に・・。」ナチュラリストとして知られる著者が紡ぐ、母なる樹の物語。

ページの先頭へ

閉じる

  • マザーツリー 母なる樹の物語
  • マザーツリー 母なる樹の物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中