ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ほどほどのすすめ 強すぎ・大きすぎは滅びへの道
  • ほどほどのすすめ 強すぎ・大きすぎは滅びへの道

  • ほどほどのすすめ 強すぎ・大きすぎは滅びへの道
  • ほどほどのすすめ 強すぎ・大きすぎは滅びへの道

ポイント倍率

ほどほどのすすめ 強すぎ・大きすぎは滅びへの道

  • 池田清彦/著 池田 清彦
    1947年、東京都に生まれる。生物学者。早稲田大学名誉教授。東京教育大学理学部卒業、東京都立大学大学院生物学専攻博士課程修了。構造主義生物学の見地から科学論・社会評論の執筆、テレビ番組(「ホンマでっか!?TV」)長期出演など幅広く活躍している。趣味は昆虫採集。カミキリムシ収集家としても知られる

  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-86581-151-3
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「ホンマでっか!?TV」面白教授の楽しく長く生きる極意は「ほどほど」!なんでも大きくなりすぎるとクラッシュする。人には独り勝ちを目指さずそれぞれが幸福になる道がある。生きることは「その日暮らし」、だから面白い!
目次
第1章 ミクロとマクロのぶつかり合い(小さくて大きい世界
あちらを立てればこちらが立たず ほか)
第2章 人間は増えすぎた(人は少ないほうがいい
一線越えたらクラッシュが定め ほか)
第3章 さよなら資本主義(幻想はいつか行き詰まる
一回まわって元に戻る ほか)
第4章 その日暮らしでいいじゃない(生きることは不安定なこと
楽しく生きて、死んでいく)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

楽しく長く生きる極意は「ほどほど」!

生物の世界は一見すると弱肉強食のようだが、実際はウィン‐ウィンの関係で成り立っている。増えすぎて大きくなりすぎた集団は、イナゴの大群のようにクラッシュして滅びてしまうのだ。いま大きく・強くなりすぎたシステムの破綻があちこちで起こっている。イギリスのEU脱退、急増する世界人口、超富裕層の富の独占をもたらしたグローバル資本主義、事故になると無限大のコストがかかる原発、働きすぎがなかなかやめられない現代人……。生態学的にも歴史的にも、世の中も人も「ほどほど」がいいのである。

「ホンマでっか!?TV」の人気教授が語る、独り勝ちせずほどほどに生きる道。そもそも生きることは不安定で予測不可能なのだから、人生はあれこれ先を思いわずらうより、今を生きるほうが面白い。「ほどほどのその日暮らし」が楽しく幸せに生きるコツである。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中