ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 今こそ知りたいアイヌ 北の大地に生きる人々の歴史と文化

  • 今こそ知りたいアイヌ 北の大地に生きる人々の歴史と文化

ポイント倍率

今こそ知りたいアイヌ 北の大地に生きる人々の歴史と文化

  • シリーズ名
    サンエイ新書 6
  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-7796-3603-5
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:950

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本各地で開催されているイベントや漫画などの物語を通じて、今アイヌ民族が注目を集めている。彼らは北海道を中心に東北北部や樺太、千島列島などで独自の言語・文化を継承してきた先住民族である。かつては狩猟や漁労、採集などを通じて自然と共生し、生活に関わるあらゆるものをカムイ=神と考える世界観を生み出した。北の大地に燦然と輝いてきた文化の奥深さと歴史を知ることで“日本”の多様性に気づかされる一冊。
目次
第1章 今こそ知りたいアイヌの文化(まず始めに知っておきたい アイヌ文化へと誘うキーワード17
“自然”アイヌの人々にとって暮らしを育んできた自然は畏怖すべき存在である
“動物”独自の生態系のなかで育まれる命 北の大地に生きる動物はアイヌの隣人 ほか)
第2章 北海道の歴史とアイヌ民族(旧石器時代から古代国家へ アイヌへの道をたどる
中世の北海道とアイヌ アイヌ民族と中世国家が入り交じる時代
松前藩の成立は喜べぬこと 不利益な和人支配、そして戦い ほか)
第3章 北の大地に息づく文化を訪ねて―アイヌゆかりの地を巡る(北の大地でアイヌの世界を旅して日本の多様性を体感する
2020年に国立博物館が誕生 “白老町”アイヌ文化の発信拠点へ
沙流川流域に受け継がれる“二風谷”アイヌの伝統工芸を訪ねる ほか)

商品詳細情報

サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 今こそ知りたいアイヌ 北の大地に生きる人々の歴史と文化
  • 今こそ知りたいアイヌ 北の大地に生きる人々の歴史と文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中