ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 慶長以来新刀辨疑 現代語訳

  • 慶長以来新刀辨疑 現代語訳

慶長以来新刀辨疑 現代語訳

  • 鎌田魚妙/著 内藤久男/訳 内藤 久男
    1951年東京都生まれ。1975年日本大学大学院卒業。(一財)社会通信教育協会生涯学習2級インストラクター(古文書)、(公財)日本美術刀剣保存協会会員

  • ISBN
    978-4-89806-465-8
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『新刀辨疑』は安永八年(一七七九)年に刊行された日本刀の研究書で、古書として長く刀剣愛好家から支持されてきた。本書は同書の寛政増補版を現代語として蘇らせたものである。冒頭の「創剣論」で魚妙の鑑定に関する考え方を述べたあと、慶長期(一五九六?一六一四年)以後から刊行時までに制作された七〇〇を超える刀剣についての押形と解説や千二百名の刀工の出自、作風、評価等について記載し、巻末で刀工と目利きの歴史について述べている。現代語訳にあたって、新たに刀工の系図を作成し、刀工各派の様子の理解に役立つように工夫した。
目次
目次
まえがき
巻一
或問/鍛錬法/磨事/砥礪次序/剣工略系
巻二
上々作列/上作列/上之中作列/上之下作列
巻三
中之上作列/中之中作列/中之下作列
巻四
刀略鑑/中心軌範(畿内)
巻五
中心軌範(畿内/東海道)
巻六
中心軌範(東山道/北陸道/山陰道/山陽道/南海道/西海道/国不明)
巻七
付録上/付録下
巻八
鎌田先生に贈奉序/寛政増補(中心軌範)
巻九
増補八、九に際しての紀聞/寛政増補(中心軌範)/新刀辨疑跋/新刀辨疑奥書
『慶長以来新刀辨疑』解説(訳者)
あとがき

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 慶長以来新刀辨疑 現代語訳
  • 慶長以来新刀辨疑 現代語訳

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中