ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ふれあいペアレントプログラム 社会的コミュニケーション発達が気になる子の育て方がわかる

  • ふれあいペアレントプログラム 社会的コミュニケーション発達が気になる子の育て方がわかる

ふれあいペアレントプログラム 社会的コミュニケーション発達が気になる子の育て方がわかる

  • 尾崎康子/著 尾崎 康子
    東京教育大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。財団法人小平記念日立教育振興財団日立家庭教育センター主幹研究員、富山大学人間発達科学部教授、相模女子大学人間社会学部教授を経て、東京経営短期大学子ども教育学科教授。博士(心理学)、臨床発達心理士スーパーバイザー、臨床心理士

  • ページ数
    232p
  • ISBN
    978-4-623-08127-1
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 発達がゆっくりした子どもや発達が気になる子どもの親は、子どもの発達をとらえる基準がわからず、不安や困難を感じるままになっていることがあります。本書では、発達が気になる子どもの社会的コミュニケーション発達や感覚運動発達を促す子育て方法を学ぶことができます。子どもの発達を学び、子どもの発達にあったかかわり方、育て方を解説しています。背景となる理論を豊富なイラストを交えてわかりやすく説明、家庭の支援、ペアレント・トレーニングなど、親自身をサポートするための情報が満載です。
目次
刊行にあたって
はじめに 本書の使い方
プロローグ 子どもを理解して育て方を工夫しよう


第I部 社会的コミュニケーション発達が気になる子どもの理解と支援

第1章 子どものことをもっと知ろう

第2章 社会的コミュニケーションの発達

第3章 遊びの発達

第4章 言葉の発達

第5章 自閉スペクトラム

第6章 自閉スペクトラム症の療育と親支援


第II部 社会的コミュニケーション発達を促すふれあいペアレントプログラム

第7章 プログラムを始める前に知っておくこと

第8章 ふれあいペアレントプログラムの説明

第9章 アイスブレーキング

第10章 社会的コミュニケーションの方法

第11章 社会的コミュニケーション段階の特徴と目標

第12章 子どもの育て方(1)関わり方の基本

第13章 子どもの育て方(2)やりとりの工夫

第14章 子どもの育て方(3)段階別の関わり方とやりとり

第15章 親子ふれあい遊び(1)ふれあい方略

第16章 親子ふれあい遊び(2)段階別のふれあい方略

第17章 親子ふれあい遊びの発展

商品詳細情報

サイズ 26cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ふれあいペアレントプログラム 社会的コミュニケーション発達が気になる子の育て方がわかる
  • ふれあいペアレントプログラム 社会的コミュニケーション発達が気になる子の育て方がわかる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中