ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 禁じられた恋を公爵と

  • 禁じられた恋を公爵と

ポイント倍率

禁じられた恋を公爵と

  • エリザベス・キージャン/著 市ノ瀬美麗/訳 キージャン,エリザベス(Keysian,Elizabeth)
    コーンウォール人の血を引き、祖先がノルウェーの神オーディンとゆかりがある。ヒストリアルロマンスを執筆する運命だと感じ、本を書きたい衝動に火がついたのは、三十年のあいだ美術館や考古学の仕事をしてきたことと、テンプル騎士団の領地だった場所に住んでいたことによる。現在はパートナーとイングランドのバース近郊で暮らしている

    市ノ瀬 美麗
    金沢大学卒業。途上国支援にも興味を持ち、国際NGO団体の翻訳ボランティアにも携わる。訳書多数

  • シリーズ名
    マグノリアロマンス EK-01
  • ページ数
    337p
  • ISBN
    978-4-7755-2767-2
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:886

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愚鈍で、従順で、美艶な女に子どもを産んでほしい。そう考えた公爵のマーカスは、とある未亡人の被後見人に目をつけるが……。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

被後見人のエリーに付き添い公爵家の舞踏会に来たクララは、主催者のマーカスが話す結婚観を立ち聞きしてしまう。愚鈍で、従順で、美艶な女に子どもを産んでほしい―なんともしゃくにさわる発言ではあるが、彼は裕福なうえに顔立ちも美しく、エリーの結婚相手としてふさわしい。エリーが公爵と結婚してくれれば、クララの家の財政状況を立て直せるし、みじめな結婚の失敗で失った家族の評判も回復できるはずだ。しかし、クララとマーカスは顔を合わせるたびにぶつかってばかりで、思うようにはいかず…。

ページの先頭へ

閉じる

  • 禁じられた恋を公爵と
  • 禁じられた恋を公爵と

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中