ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話 生き物たちの終末と進化の科学

  • 動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話 生き物たちの終末と進化の科学

動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話 生き物たちの終末と進化の科学

  • ジュールズ・ハワード/著 中山宥/訳 ハワード,ジュールズ(Howard,Jules)
    動物学者。ブログ、雑誌、ラジオ、テレビその他で幅広く活躍中。動物学や野生動植物の保護をテーマに多くのコラムを執筆するかたわら、BBCワイルドライフ・マガジン誌、ガーディアン紙などに定期的に寄稿し、『BBCブレックファースト』などのラジオ・テレビ番組に出演している。また、子供たちを動植物に親しませる活動を主宰。ほかの学者と同じように、バードライフ・インターナショナル、英国鳥類保護協会、ロンドン動物学協会などの団体とも関わりが深い

    中山 宥
    翻訳家。1964年生まれ

  • ページ数
    353p
  • ISBN
    978-4-8459-1638-2
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,100 (税込:2,268

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 死と生をめぐる驚くべき冒険。
目次
1 これはカエルの死骸です(宇宙における生と死
老齢と、幸運な一部を待ち受ける運命
バーチウッドの恐怖と嫌悪 ほか)
2 実験用ブタたち(テントの下のサーカス
性と死―死神との契約
ゴケグモ記者とコーヒーを ほか)
3 シタティテスの先端をめざす旅(死んだアリの運び出し
喪が終わるとき
人は不死を願うか? ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

死なないように進化できないのはなぜか?
笑いあり、ドラマありの、生き物たちの死と生をめぐる驚くべき冒険の旅へ、ようこそ!



私たちは古代から、飢餓、かんばつ、震災、戦争などを経て、争いのなか生き残ってきました。
しかし、ある動物は大人としてたった2時間だけ生きたり、ある動物は時間が来たら自ら命をたつ特徴をもっていたりします。一方で、何百年もの間生きる動物もいます。動物に取り付いて残酷な死に方をさせるような寄生虫もいれば、長く健康な人生を送らせるために取り付く寄生虫もいます。

人生における死が、色々な形で存在しているのです。

私たち(=直立した類人猿)はおそらく、結局は死ぬ、ということがみんなに起こるという事実を意識している宇宙の歴史の最初の動物です。
本書は、そんな私たちを含む、死をめぐる極上の物語。


・生命の定義、「自己複製」ができないラバは生きていると言えるのか?
・数世紀も休眠するブラインシュリンプ(小型の甲殻類)はいつ「死んだ」と判断できる?
・白内障の魚への義眼移植手術から考える「老化」の研究の歴史
・twitterで鳥の死骸を手に入れる話
・寄生生物は本当に「死の代理人」か?
・世界最古の動物ミンと、癌にかからないハダカデバネズミ

ページの先頭へ

閉じる

  • 動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話 生き物たちの終末と進化の科学
  • 動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話 生き物たちの終末と進化の科学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中