ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 滋賀県発!持続可能社会への挑戦 科学と政策をつなぐ

  • 滋賀県発!持続可能社会への挑戦 科学と政策をつなぐ

滋賀県発!持続可能社会への挑戦 科学と政策をつなぐ

  • 内藤正明/編 嘉田由紀子/編 内藤 正明
    滋賀県琵琶湖環境科学研究センター長。京都大学名誉教授。工学博士。専門は環境システム学。京都大学工学部助教授、国立環境研究所総合解析部長、京都大学大学院地球環境学堂・学舎長を経て2005年より現職

    嘉田 由紀子
    前滋賀県知事。農学博士。専門は環境社会学。琵琶湖研究所研究員、琵琶湖博物館総括学芸員、京都精華大学人文学部教授、びわこ成蹊スポーツ大学学長などを歴任

  • ISBN
    978-4-8122-1717-7
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「琵琶湖が死の湖に!」それは1977年、大型赤潮発生から始まった。原因究明から対策立案、そして住民を巻き込んだ「せっけん運動」から「富栄養化防止条例」制定へ。こうした科学と政策の連携プレーで次々と先進的環境政策を推進した滋賀県。その理念と歴史を紐解き原動力に迫る。最新の「滋賀モデル」の構築と、原発事故を想定した放射性物質拡散シミュレーションもくわしく紹介。
目次
第1部 琵琶湖の環境保全をめざして―科学と政策と文化の融合(琵琶湖とは何か―生物進化と湖沼文化の独自性
琵琶湖政策の歴史―近代化における縦割り行政の拡大
琵琶湖の科学研究の発展―総合化への一〇〇年 ほか)
第2部 真の持続可能社会をめざす「滋賀モデル」(地域からつくる持続可能社会
持続可能な地域社会の実現シナリオ
持続可能な地域の将来社会像 ほか)
第3部 原発事故による放射性物質拡散予測への挑戦(なぜ「卒原発」を滋賀県から提唱したのか―「被害地元」知事の責任と苦悩
放射性物質は滋賀の大気でどのように広がるのか
放射性物質は琵琶湖でどのように広がるか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 滋賀県発!持続可能社会への挑戦 科学と政策をつなぐ
  • 滋賀県発!持続可能社会への挑戦 科学と政策をつなぐ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中