ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代説経集

  • 現代説経集

現代説経集

  • 姜信子/著 姜 信子()
    1961年横浜市生まれ。作家。85年、東京大学法学部卒業。86年に「ごく普通の在日韓国人」でノンフィクション朝日ジャーナル賞受賞。著書に『棄郷ノート』(作品社、熊本日日新聞文学賞受賞)、『追放の高麗人』(石風社、地方出版文化功労賞受賞)などがある

  • ページ数
    228p
  • ISBN
    978-4-906791-80-4
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 説経節から浪曲まで、〈声〉に担われた語り物の流れを現代へとつなぐ、創作「水の物語」。

    一引き引けば千僧供養、二引き引けば万僧供養……説経「小栗判官」「さんせう太夫」「愛護の若」、八百比丘尼伝説、そして近代の浪曲とパンソリへ。
    声は命を乗せて、死者たちへ、そして未来へと流れる。水は自他の境も、国境も越える。

    私は水のアナーキスト、虐げられ、虐殺された無数の死者たちの魂をカタル者、言語と制度の檻を破って、命の流れを明日へと解き放つ巫女。
    【挿画・坂本大三郎】
目次
はじまりはじまり 狂っちまえよ、と影が言う
なもあみだんぶーさんせうだゆう
こよなく愛する「説経愛護の若」異聞
恨九百九十九年
旅するカタリ 八百比丘尼の話
かもめ組創成記 千年の語りの道をゆく―放浪かもめと澤村豊子
かもめ組資料 上演台本
旅するカタリの日記から あとがきに代えて

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代説経集
  • 現代説経集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中