ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「大平学校」と戦後日中教育文化交流 日本語教師のライフストーリーを手がかりに 日中平和友好条約締結40周年記念出版

  • 「大平学校」と戦後日中教育文化交流 日本語教師のライフストーリーを手がかりに 日中平和友好条約締結40周年記念出版

「大平学校」と戦後日中教育文化交流 日本語教師のライフストーリーを手がかりに 日中平和友好条約締結40周年記念出版

  • 孫暁英/著 孫 暁英()
    1979年中国山西省生まれ。2006年天津外国語大学大学院修了、同専任講師を経て2007年から2年間中国教育部国際合作・交流司に出向。2009年より早稲田大学大学院に留学し、2015年に博士学位(教育学)を取得

  • ページ数
    242p
  • ISBN
    978-4-86185-206-0
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日中平和友好条約締結を背景に、日本の対中ODAで北京に開かれた「大平学校」。故大平正芳首相が設立に尽力した、中国における日本研究・日本語教育の拠点として知られる。1980年の開設から5年間で91人の日本人講師が派遣され、延べ600人の中国人日本語教師を育成した。本書は「大平学校」研究家である著者が、両国関係者への綿密な取材をもとに、同校が日中教育文化交流ひいては日中関係にもたらした影響について考察、その全貌を初めて明らかにする。条約締結40周年を迎え、日中関係再構築への道標を示す貴重な一冊!
目次
第1章 中国における言語教育の歴史的変遷(外国語教育のあり方を問う研究
外国語教育の歴史的変遷 ほか)
第2章 大平学校の設立前史(大平学校設置以前の中国における日本語教育の実態
戦後日本の日本語普及活動の展開 ほか)
第3章 大平学校の開校とその教育活動(大平学校の開校準備
大平学校の教育活動 ほか)
第4章 大平学校の日本人講師の諸相(日本人講師の経歴と大平学校赴任のきっかけ
中国での教育実践と異文化体験 ほか)
第5章 大平学校と研修生のその後(大平学校のその後
修了生たちと中国における日本語教育の質的変化 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「大平学校」と戦後日中教育文化交流 日本語教師のライフストーリーを手がかりに 日中平和友好条約締結40周年記念出版
  • 「大平学校」と戦後日中教育文化交流 日本語教師のライフストーリーを手がかりに 日中平和友好条約締結40周年記念出版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中