ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 軍事的暴力を問う 旅する痛み

  • 軍事的暴力を問う 旅する痛み

軍事的暴力を問う 旅する痛み

  • 冨山一郎/編著 鄭柚鎮/編著 冨山 一郎
    1957年生まれ。同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授。専攻は沖縄近現代史

    鄭 柚鎮()
    1969年生まれ。同志社大学グローバル・スタディーズ研究科客員教員。専攻はジェンダー論

  • ISBN
    978-4-7872-3434-6
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 軍事的暴力とはいったい何か。基地や兵器はどのような了解のうえに存在しているのか。またそれらは、どのような形で現れるのか。

    肯定的であれ否定的であれ「軍」「戦争」「平和」といった言葉があふれ返る一方で、ヘイトスピーチや排外主義による日常的な他者への憎悪が拡大する現状を踏まえるとき、立ち止まり、軍事力や暴力に対して問いを立てることはきわめて重要である。軍事力による被害と痛みははかりきれず、また暴力は日常にも深く関わっているからである。

    沖縄、基地、戦後復興、「慰安婦」問題、3・11、2015年の安保法制――暴力が表出する現場を〈痛み〉という感情から思索し、今日的な軍事的暴力の意味を考察する。
目次
ポストという「まだ見ぬ地平」へ―痛みをめぐる議論に着目して
第1部 軍事的暴力に関わる言葉(言葉の始まりについて
軍隊がある社会で凝視すべき身体の言葉―志願制への主張(韓国)と基地撤去論(沖縄/日本)をめぐる小考
軍事主義に抗する言葉―二〇一五年安保法案をめぐる政治空間を中心に ほか)
第2部 廃墟の予感(戦後復興を考える―鶴見俊輔の戦後
廃墟から紡ぐ絵と言葉―大田洋子がまなざす原爆ドーム
三月十一日から軍事的暴力を考える)
第3部 旅する痛み(「国民基金」をめぐる議論を再び考える―「支援者から当事者へ」という過程を中心に
抵抗運動と当事者性―基地引き取り運動をめぐって
痛みが消えるときをめぐって)
旅する痛み―新たな言葉の姿を求めて

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 軍事的暴力を問う 旅する痛み
  • 軍事的暴力を問う 旅する痛み

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中