ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • MINDSPAN 脳老化は食で止められる

  • MINDSPAN 脳老化は食で止められる

ポイント倍率

MINDSPAN 脳老化は食で止められる

  • プレストン W.エステップⅢ/著 文響社編集部/訳 ハーバード・メディカル・スクール遺伝学博士。ハーバードのパーソナル・ゲノム・プロジェクト(PGP)の老年学のディレクターでゲノム解析経路管理も行う。遺伝子検査やゲノムシークエンシングの会社「ヴェリタス・ジェネティクス」の創設者で最高科学責任者。2016年、2017年のMITテクノロジーレビュー誌で「世界でスマートな企業50社」にあげられた。また、ハーバード・メディカル・スクールの教授等とともに共同設立した脳機能、脳疾患診断と治療向上に捧げるメンタルヘルスの非営利団体マインド・ファースト財団の会長でもある。ほか、複数のバイオメディカル新興企業や非営利団体の共同創設や顧問も務める。2016年にアメリカで刊行された本書『The Mindspan Diet』では、あらゆる科学的見地から両極端な身体と頭脳にスポットを当て、長寿命を保つための最良の科学情報を要約した。フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、オランダ、中国語まで翻訳されている。

  • ページ数
    263,8p
  • ISBN
    978-4-86651-060-6
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,450 (税込:1,566

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「摂りすぎた鉄分」が、脳内でサビつく、その前に。ハーバード最新研究で判明!認知症を防ぐ食事法。
    食生活で、遺伝子が変わる。

    そう聞いたら、驚く人も多いでしょう。
    もちろん、遺伝子そのものが変化するのではありません。
    しかし、何を食べるかが、遺伝子が持つ限りなく多くの性質のうち
    どの性質を具現化させるかを決定します。

    つまり、全く同じ遺伝子を持つ「一卵性」の双子でも、
    食生活が違えば、
    一人は早々に認知症になって若くして亡くなり、
    もう一人は100歳になってもボケることなく、元気
    ということは、往々にしてあることだといいます。

    そして、遺伝子に大きな影響を与える食べ物が、
    「鉄分」と「白米」と「Xファクター」だというのです。

    エステップ博士は、
     ・赤身の肉はほとんど食べないくらいがちょうどいい
     ・白米を積極的に食べよう
     ・Xファクターの含まれている発酵食品を食べよう
    とおっしゃいます。

    この本の原稿を読んだとき、正直、最初は、
    「うーん、これって本当? 言われていることと違うけど」
    と疑問を持ちました。
    というのも、今の健康ブームで言われているのは、
    「脱・炭水化物。歓迎・タンパク質」。
    発酵食品はいいとしても、それ以外が全く逆だったからです。

    けれども、エステップ博士の主張は実に明快でした。
    彼はこのように書いています。
    「日本人は、これまでの食生活の結果、
    日本で一番長い寿命を得た。
    認知症になるのも、年齢的に見て、遅い。
    それなのになぜ、これまでの米食をやめて、
    欧米のような、タンパク質食にしようというのか」。

    たしかに、おっしゃる通りです。
    また、世界で注目されている「地中海式食事」も、
    その中心はパスタ(炭水化物)に、オリーブオイル。あとワイン。
    タンパク質を意識せよとは、聞きません。

    健康で長生きするためには、一体何が大事なのか。
    本当に、巷に溢れる健康情報を信じていいのか。
    心身を病んでからでは、遅すぎます。
    本書があなたの健康・長寿の一助になれば、幸いです。(編集担当)
目次
第1章 脳不老と健康のカギ「マインドスパン」の謎を解く
第2章 遺伝子と環境の気がかりな関係
第3章 「マインドスパン・エリート食」の共通点
第4章 恐れずに老化を味方にする方法
第5章 鉄分は遺伝子さえ傷つける鋭利な剣
第6章 炭水化物は悪くない
第7章 脂肪には敵と味方がある
第8章 タンパク質の本性―高タンパクは脳の健康にコミットしない
第9章 Xファクター―人体の謎を解く最後のカギ
第10章 さあ、マインドスパン食をはじめよう

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「鉄分の摂りすぎ」が、
脳を老化させ、認知症の引き金となっていた!!

脳内で、余分な鉄がサビついてしまう、その前に。

認知症、アルツハイマーになりやすい人の食事の特徴
 ・鉄分の摂取が多い
 ・白米よりも玄米のほうが健康にいいと勘違いしている
 ・赤身肉をよく食べる
 ・炭水化物を制限している


最新研究で判明! ハーバード発
脳を健康に、長生きさせる本当に正しい食事法!!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • MINDSPAN 脳老化は食で止められる
  • MINDSPAN 脳老化は食で止められる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中