ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか?

  • 認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか?

認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか?

  • 高井隆一/著 高井 隆一
    1950(昭和25)年、愛知県大府市生まれ。1973年、中央信託銀行(現三井住友信託銀行)入社。取締役審査部長、執行役員不動産業務部長などを歴任。2008年、認知症だった亡父の鉄道事故に関し、JR東海より損害賠償請求を受ける。2010年、提訴され、裁判の被告となる。2015年、大府市にて亡父の跡を継ぎ不動産事務所を開設。2016年、亡父の鉄道事故に関し最高裁にて逆転勝訴判決を得る

  • ISBN
    978-4-89308-897-0
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 線香の一本もないまま、ある日突然、JR東海から720万円の請求書!悪しき判例を残さぬため、息子は巨大企業と闘うことを決めた。その全記録!息子と裁判を支えた援軍10人の寄稿文も収録!
目次
第1章 8年目の逆転判決
第2章 父が帰らなかった日
第3章 家族総動員の在宅介護
第4章 突きつけられた損害賠償請求
第5章 訴訟に臨む
第6章 巨大企業の暴論と裁判所の無理解
第7章 報道と援軍の支援が始まった
第8章 勝ち取った「家族に責任なし」
第9章 最高裁判決がもたらしたもの
第10章 私の父、家族

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか?
  • 認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中