ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 跡見花蹊 女子教育の先駆者

  • 跡見花蹊 女子教育の先駆者

跡見花蹊 女子教育の先駆者

  • 泉雅博/著 植田恭代/著 大塚博/著 泉 雅博
    神奈川大学大学院経済学研究科経済学専攻博士課程単位取得満期退学。跡見学園女子大学文学部人文学科、教授

    植田 恭代
    日本女子大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期単位取得満期退学。跡見学園女子大学文学部人文学科、教授

    大塚 博
    早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程単位取得満期退学。跡見学園女子大学文学部現代文化表現学科、教授

  • ページ数
    259,11p
  • ISBN
    978-4-623-08228-5
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 跡見花蹊は、厳格でありながら温かく、包容力に富み、しかも洒脱な人であった。教え子たちは誰もが敬意と親しみを込めて「お師匠さん」と呼んだ。幕末から明治、大正の時代を高い志を持って生き抜いた、まことに稀有で魅力的な女性の生涯をまとめ、手にとりやすい形で刊行。記述は文献を押さえたうえで、平易な文章を旨とし、本文中には図版を挿入。巻末には跡見花蹊の書画作品、家系図、関連年表、事項索引などを付した。
目次
第1章 跡見花蹊の誕生(瀧野と跡見家
木津村と瀧野時代の花蹊
瀧野から花蹊へ)
第2章 幕末・維新の動乱のもとで(大坂三郷中之島時代
京師時代
新都東京へ)
第3章 教育者花蹊(「跡見学校」開校
花蹊の学校教育
跡見女学校の新時代
さらなる充実をめざして)
第4章 生涯と功績と(晩年の慶祝
教育功労者として
花蹊永眠)
第5章 花蹊が遺したもの/花蹊を継ぐもの(跡見李子と跡見女学校
学校法人跡見学園)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

次女でありながら跡見家の再興を託され、猿が辻の変・朔平門外の変や天誅組の変など幕末の動乱を目の当たりにし、激動の明治を駆け抜けた跡見花蹊。跡見学園の学祖は学者・教育者としてはもちろん、絵画や詩文、書法にも長けていた。興味深い生涯を送った花蹊だが、一般にはほとんど知られていない。そこで本書は、花蹊記念資料館が所蔵する数々の史料・資料もふんだんに用い、様々な顔を持つ花蹊の激動の生涯を紹介する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 跡見花蹊 女子教育の先駆者
  • 跡見花蹊 女子教育の先駆者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中