ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト

  • 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト

「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト

  • 海老原嗣生/著 海老原 嗣生
    雇用ジャーナリスト、経済産業研究所コア研究員、人材・経営誌『HRmics』編集長、ニッチモ代表取締役、リクルートキャリア社フェロー(特別研究員)。1964年、東京生まれ。大手メーカーを経て、リクルート人材センター(リクルートエージェント→リクルートキャリアに社名変更)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計などに携わる。その後、リクルートワークス研究所にて人材マネジメント雑誌『Works』編集長に。2008年、人事コンサルティング会社「ニッチモ」を立ち上げる

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-7816-1666-7
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これから15年で仕事の49%が消滅する…?将来的に9割の仕事は機械に置き換えられる…?世間をにぎわすAI論議は、どこまで妥当なのか。AIによる雇用への影響は、どのように広がるのか。実務者への取材と、雇用構造の検証でひもとく、足元の未来予想図。
目次
1 しっかり振り返ろう、AIの現実(ただいま人工知能は第3回目のブーム
ディープラーニングもAI進化の通過点でしかない ほか)
2 AIで人手は要らなくなるのか、実務面から検証する(AIで仕事はどれだけ減るか1 事務職の未来
AIで仕事はどれだけ減るか2 流通サービス業の未来 ほか)
3 この先15年の結論。AIは救世主か、亡国者か(少子化と人口減のヤジロベエ状態
いよいよ労働力確保策も限界に ほか)
4 15年後より先の世界。“すき間労働社会”を経て、“ディストピア”か?(雇用消滅への2ステップと、BI型生活へのウォーミングアップ
日本は「塞翁が馬」的な移行期となる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

失われる雇用はせいぜい9%!?雇用のカリスマがひもとく足元の未来
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト
  • 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中