ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 私の愛しいお人形(オートマタ)

  • 私の愛しいお人形(オートマタ)

私の愛しいお人形(オートマタ)

  • シリーズ名
    プラチナ文庫
  • ISBN
    978-4-8296-2646-7
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

650 (税込:702

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 茶問屋の跡継ぎ・冬伍は、友人の会社の従業員・千春に心惹かれている。だが彼はバイオノイドで、自分は「二人目の僕」だと言い──。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

白金の髪を持つ茶問屋の跡継ぎ・冬伍は、友人の会社の従業員である千春に心惹かれた。だが彼はバイオノイドで、前任者が行方不明になったため自分は“二人目の僕”だと言う。人との差異を受け入れ、哀しいまでに人に尽くそうとする千春。冬伍はそんな彼に共感と、いっそうの愛しさを覚える。けれど前任者の行方を追ううち、危機が迫り―「お願い。僕が壊れても泣かないで」

ページの先頭へ

閉じる

  • 私の愛しいお人形(オートマタ)
  • 私の愛しいお人形(オートマタ)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中