ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い

  • ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い

ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い

  • 藤高和輝/著 藤高 和輝
    1986年大阪府生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。大阪大学等非常勤講師

  • ページ数
    343p
  • ISBN
    978-4-7531-0345-4
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 哲学の「他者」を語ることはできるか?バトラーのエチカ―新進気鋭による、その思想の核心に迫る最良の書!!
目次
生と哲学を賭けた闘い
第1部 哲学(コナトゥスの問い―バトラーと地下室のスピノザ
欲望と承認―『欲望の主体』を読む(1)
欲望の主体と身体のパラドックス―『欲望の主体』を読む(2))
第2部 『ジェンダー・トラブル』へ(現象学からフーコーへ―八〇年代バトラーの身体/ジェンダー論
『ジェンダー・トラブル』とアイデンティティの問い)
第3部 パフォーマティヴィティ(ジェンダー・パフォーマティヴィティ―その発生現場へ
身体の問題、あるいは問題としての身体
メランコリー、そして生存の問いへ)
第4部 社会存在論とエチカ(バトラーの社会存在論
バトラーのエチカ)
結論に代えて―共にとり乱しながら思考すること

商品詳細情報

サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「哲学」の外部へと放擲された他者の存在。この個別的かつ社会的で政治的な「生」の問題をいかに、「哲学」の内部へと「翻訳」するのか。前世紀以上に「暴力」が横行する世界において、「非暴力の思想」を構想することはいかにして可能なのか。
フェミニズム理論やゲイ&レズビアン・スタディーズ、社会学、人類学、精神分析など多様な学問分野を横断してきた、ジュディス・バトラーの難解とされるテクストを、本書は「生」と「哲学」の問題を軸に「共に取り乱しながら思考すること」への呼びかけとして、精緻に読み解いていく。

ページの先頭へ

閉じる

  • ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い
  • ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中