ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「太陽の塔」新発見!

  • 「太陽の塔」新発見!

「太陽の塔」新発見!

  • 平野暁臣/著 平野 暁臣
    空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長。1959年生まれ。大阪万博で岡本太郎が創設した現代芸術研究所を主宰し、イベントやディスプレイなど“空間メディア”の領域で多彩なプロデュース活動を行う。セビリア万博日本館、六本木ヒルズアリーナ、「明日の神話」再生プロジェクトなど話題となった数々のプロジェクトを手がけ、プロデューサーとして太陽の塔の再生を率いた。万博研究の第一人者でもある

  • シリーズ名
    青春新書INTELLIGENCE PI-536
  • ページ数
    249p
  • ISBN
    978-4-413-04536-0
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま明かされる知られざる真実「太陽の塔」内部、ついに公開!カラー口絵新規撮影。「太陽の塔という奇跡」その物語がここに!
目次
第1章 ベラボーなものを!―思想編(じつは「大阪万博のシンボル」ではなかった!?
「観衆を集めろ、ただし留まらせるな」という矛盾する要請 ほか)
第2章 実現への気概と冒険心―実務編(原型の“黄金の顔”は鍋のフタだった
建設にゴーサインを出した“影の総理”の一声とは ほか)
第3章 “生命の樹”は太陽の塔の“血流”だ―展示編(じつは性にあっていた、プロデューサー太郎の手腕
日本版『人間博物館』を実現しようと企てていた ほか)
第4章 宴のあと、そして再生へ―継承編(万博閉幕後、太陽の塔をどうするか
政府は一度、「撤去」の方針を固めていた ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2018年3月に予定されている塔内一般公開を契機に、再び世間の耳目を集めるであろう《太陽の塔》。我が国最大の芸術作品にして最も知名度の高いパブリックアートだが、それを取り巻く数々の物語についてはほとんど知られていない。本書は、構想段階から現在にいたる太陽の塔の実相をさまざまな角度から取り上げ、単なる“巨大彫刻”との見方に終わらない《太陽の塔》の新しい鑑賞眼を養う種々の知見を提供する。岡本太郎の最高傑作はいかにして生まれたのか、万博会場でなにがあったのか、その後どんな運命をたどったのか──などを楽しく、わかりやすく解説していく。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「太陽の塔」新発見!
  • 「太陽の塔」新発見!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中