ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 河口慧海著作選集 13

  • 河口慧海著作選集 13

河口慧海著作選集 13

  • 河口慧海/著 河口 慧海
    仏教学者、僧侶。和泉国堺(現・大阪府堺市)生まれ。哲学館(現・東洋大学)で学び、黄檗宗で出家。仏教の原典を求め、単身チベット探検を敢行、明治34年(1901)日本人で初めてチベットの首府ラサに到達する。大正3年(1914)2度目のチベット入りを果たし、チベット大蔵経等を将来する。帰国後、大正大学教授。(1866‐1945)

    高山 龍三
    1929年大阪生まれ。大阪市立大学大学院を経て、東京工業大学助手、東海大学助教授、大阪工業大学教授、京都文教大学文化人類学科教授を務める。定年退職後、チベット文化研究会会長。主にヒマラヤ・チベットの民族誌研究、近年は河口慧海の研究に従事

    奥山 直司
    1956年山形県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。高野山大学教授、高野山大学密教文化研究所長。専攻はインド・チベット密教史、仏教文化史

  • 巻の書名
    河口慧海著述拾遺 補遺
  • 巻の著者名
    高山龍三/編 奥山直司/編
  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-86330-190-0
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

9,000 (税込:9,720

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2013年に初公開された河口慧海の書簡(肥下里子氏所蔵資料)を奥山直司氏の編集・校訂で、著述・対談・随筆などの未整理の資料を高山龍三氏の編集・校訂で収録。得度したばかりの慧海も深く関わった黄檗宗の紛争や、青木文教とのいわゆる「大正の玉手箱事件」として知られる蔵経問題、チベット版般若心経の和訳、短歌から座談会での発言などまで、貴重な一次資料を公開!慧海の実像に迫る一冊!
目次
第1部 黄檗紛争(黄檗宗録事を読んで其前途に一言す
黄檗宗の前途 ほか)
第2部 蔵経問題(公開状 青木文教氏に与ふ、西蔵大蔵経問題
再び青木氏に与ふ ほか)
第3部 チベット旅行(世界の秘密国西蔵
西蔵入国記 ほか)
第4部 仏教(古梵仏典の腐焼
蒙古仏教と西蔵仏教 ほか)
第5部 その他(肥下徳十郎への書簡など
西蔵最近の内情 ほか)

商品詳細情報

サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 河口慧海著作選集 13
  • 河口慧海著作選集 13

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中