ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ
  • 宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

  • 宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ
  • 宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

ポイント倍率

宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

  • 大貫美鈴/著 大貫美鈴(おおぬき・みすず)
    宇宙ビジネスコンサルタント/スペースアクセス株式会社 代表取締役
    日本女子大学卒業後、清水建設株式会社の宇宙開発室で企画・調査・広報を担当。世界数十か国から参加者が集まる宇宙専門の大学院大学「国際宇宙大学」の事務局スタッフを務める。その後、宇宙航空開発研究機構(JAXA)での勤務を経て独立。現在は、宇宙ビジネスコンサルタントとして、アメリカやヨーロッパの宇宙企業のプロジェクトに参画するなど、国内外の商業宇宙開発の推進に取り組む。清水建設の宇宙ホテル構想提案以降、身近な宇宙を広めるためのプロジェクトへの参画はライフワークになっている。アメリカの宇宙企業100社以上が所属する「スペースフロンティアファンデーション」の、アジアリエゾン(大使)としても名を連ねる。新聞や雑誌、ネットでの取材多数。
    経済産業省国立研究開発法人審議会 臨時委員
    国際宇宙航行連盟 米国連邦航空局 商業宇宙飛行安全委員会 委員
    国際宇宙航行連盟 起業・投資委員会 委員
    国際宇宙安全推進協会 サブオービタル宇宙飛行安全委員会 委員
    国際宇宙航行アカデミー 準メンバー
    国連宇宙週間 理事
    国際月面天文台協会 理事

  • ISBN
    978-4-478-06810-6
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • スペースX、グーグル、アマゾン、フェイスブック…は何を狙っているのか?
    清水建設宇宙開発室、JAXA出身の著者が明かす宇宙ビジネス最前線。
    「通信」「製造」「流通」「サービス」「金融」「医療」「教育」…地球データは、あらゆる産業と結びつき、私たちの生活・仕事を激変させる!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

スペースX、グーグル、アマゾン、フェイスブックは、何を狙っているのか?
ITの巨人たちが見据える衝撃の未来とは?
自動運転/IoT/AI/第4次産業革命/宇宙旅行/火星移住/月面開発/小惑星捕獲ミッション
「通信」「製造」「流通」「サービス」「金融」「医療」「教育」……
地球データは、あらゆる産業と結びつき、私たちの生活・仕事を激変させる!
清水建設宇宙開発室、JAXA出身の著者が明かす宇宙ビジネス最前線。

今、宇宙で何が起きているのか?
これから何が起きるのか?

大型ロケット・ファルコンヘビーの打ち上げを成功させた
イーロン・マスクのスペースXをはじめ、
グーグル、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト、アップルと、
IT企業のBIG5も、公式、非公式とそれぞれだが、宇宙ビジネスに巨額の投資をしている。
アマゾンのジェフ・ベゾスは、宇宙会社ブルー・オリジンに、
アマゾンから年間約1000億円を投資すると発表している。

なぜ、時代を切り拓いたITプレーヤーたちは、次々と宇宙ビジネスに参入するのか?
彼らは宇宙に何を見出しているのか?
本書は今、宇宙で起きている地殻変動と、これから宇宙を舞台に起きることを、
世界で活躍する宇宙ビジネスコンサルタントが解説する1冊。

宇宙は今、ゴールドラッシュ
丸見えの「地球ビッグデータ」を狙え!

実は今、宇宙は空前のゴールドラッシュ。
宇宙にしかない「21世紀の黄金」を目指して、
IT企業の巨人やシリコンバレーのベンチャー企業が群がる、
次世代ビジネスの舞台となっている。

注目されているのが、宇宙からしか取れない「地球のビッグデータ」。
例えば、宇宙から地球を観測するモニタリングデータは、
気象変化だけでなく、地球上のさまざまな動きを正確にキャッチすることができる。
それは、IoTやAIの進化と結びつき、
通信はもちろん、製造、流通、サービス、医療、農業、漁業、金融、教育などに
産業革命を引き起こす可能性を秘めているのだ。
宇宙ビジネスは、第4次産業革命の駆動力とも言われている。

もはやSFではない「宇宙旅行/火星移住計画」

一方で、圧倒的なコストダウンにより、宇宙旅行の実現はもはや時間の問題だ。
最初に宇宙旅行を実現するのは、果たして誰か?
イーロン・マスクは、当初から「火星移住」を目標に掲げており、
ジェフ・ベゾスも、宇宙に「100万人経済圏」をつくり出す構想を打ち出している。
本書は、宇宙開発から宇宙旅行、火星移住まで、
宇宙ビジネスという未来産業の全貌をわかりやすく1冊に網羅する。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中