ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 言葉を選ぶ、授業が変わる!

  • 言葉を選ぶ、授業が変わる!

言葉を選ぶ、授業が変わる!

  • ピーター・H・ジョンストン/著 長田友紀/編訳 迎勝彦/編訳 吉田新一郎/編訳 ジョンストン,ピーター・H.(Johnston,Peter H.)
    ニュージーランドで育ち、小学校で教鞭をとった後に、アメリカの大学院(イリノイ大学)で博士号を取得する。当初は、アメリカで結婚し、3人の子育てまですることは予定していなかったが、そのままアメリカに居残り(ニューヨーク州立大学)、いまもアルバニーに住んでいる。同大学名誉教授

    長田 友紀
    筑波大学准教授。博士(教育学)。千葉大学や筑波大学の大学院教育学研究科で学び、北海道教育大学(函館校)准教授を経て現職。話し合い指導の方法について主に研究しており、コミュニケーションを中該とした国語科の再構築を考えている。またミャンマー国に赴き小学校国語(ミャンマー語)教科書の作成支援などにもあたっている

    迎 勝彦
    上越教育大学大学院学校教育研究科准教授。専門は国語科教育学で、研究テーマは初等・中等教育におけるコミュニケーション能力育成のための話しことば教育

    吉田 新一郎
    1970年代に、マサチューセッツ工科大学とカリフォルニア大学で都市・地域計画を学ぶ。10年間の準備期間を経て、1989年に国際理解教育センターを設立し教育に関わりはじめる。2005年以降は、リーディング・ワークショップ(RW)やライティング・ワークショップ(WW)、およびそれらの国語以外の教科への普及活動をしている

  • ページ数
    242,16p
  • ISBN
    978-4-623-08129-5
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「なぜ私の子どもは自分の意見を持つことができないのでしょうか?自分から積極的に行動する子になってほしいのに…」「クラスの子どもたちの学力をあげることと、よい雰囲気のクラスづくりは、両立できないのでしょうか?」こういった悩みも、先生方や、お父さん・お母さんの言葉(コミュニケーション)が変われば、子どもは驚くほど積極的に学ぶようになり、仲間との関係を築きはじめます。「主体的で対話的で深い」学びを自然とうみだす魔法の本。学校の先生方はもちろん、家庭でもつかえる言葉がけが満載!
目次
巻頭詩
訳者まえがき

第1章 言葉の使い方が、学ぶ内容や人間性を左右する
第2章 気づくことと、名づけること
第3章 アイデンティティー
第4章 主体性、そして選択するということ
第5章 柔軟性と、活用すること
第6章 子どもにとって「知ること」とは
第7章 民主的な学びのコミュニティーをつくり続けるために
第8章 あなたは、「誰と話している」と思っていますか?

資料
文献

商品詳細情報

サイズ 19cm
原題 原タイトル:CHOICE WORDS
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

教師が子どもに呼びかける言葉ひとつで、子どもの学びやコミュニケーション能力は大きく変化する! 実際に教室で行われた多くの授業の事例を用いながら、具体的な言葉を紹介し、どのように子どもたちが学びを進めていったのかを分かりやすく解説する。小学校?高校の教員はもちろん、保護者にも広く読んでもらいたい、自ら主体的に学ぶ子どもを育てるための手がかりとなる1冊である。[原著:Peter H. Johnston(2004)Choice Words: How Our Language Affects Children’s Learning. Stenhouse Publishers.]

ページの先頭へ

閉じる

  • 言葉を選ぶ、授業が変わる!
  • 言葉を選ぶ、授業が変わる!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中