ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中小企業が絶対黒字化できる「仕組み」

  • 中小企業が絶対黒字化できる「仕組み」

ポイント倍率

中小企業が絶対黒字化できる「仕組み」

  • 児島保彦/著 児島 保彦
    経営コンサルタント・中小企業診断士。1937年、長野県千曲市生まれ。1961年、早稲田大学商学部卒業。住友大阪セメント常務取締役を経て1995年、オーシー建材工業社長に就任。赤字会社だった同社をわずか半年で黒字に転換。退任後、65歳で経営コンサルタントを開業。80歳を前に、開業時に掲げた目標「コンサルタント業でサラリーマン時代の生涯収入を稼ぐ」を達成する。三井住友銀行グループSMBCコンサルティング、日本経営合理化協会、大阪商工会議所他講師を歴任

  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-484-18217-9
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人材がいなくても、市場が小さくても、会社は必ず黒字化できる―儲かっている会社をよくよく見れば、いい人材といい市場があるからいい結果が出ているのではなく、いい仕組みが普通の人を動かしていい結果を出させているのだということがわかる。多くの場合、結果がいいから市場にも恵まれているように見えるだけだ。この仕組みのことを、社長の手腕という。
目次
第1章 なぜ私は「絶対黒字化できる仕組み」にたどり着いたのか(会社の合併でドラマの筋書きが変わった
一念発起して中小企業診断士の資格を取得 ほか)
第2章 「普通の人」を「いい人材」にする仕組み(いい人材の前提は社長が動かせる人であること
人材の理想論と現実論 ほか)
第3章 「チャンスを逃さない仕組み」で市場が小さくても売上は伸ばせる(理想論のPDCAから現実論のPDCAへ
役割別のPDCA ほか)
第4章 「利益を漏らさない仕組み」があれば黒字化は必至(利益とは漏れるものだと考えて仕組みをつくること
得た利益は漏らさず、得るべき利益を逃すな ほか)
第5章 社長も「儲かる会社をつくる仕組み」の一部分(「値引きで勝負」から「品質・サービスで勝負」へ
社長が決断すべき3つの改革 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「持たざる者」にも勝機あり!
65歳から経営コンサルタントを始め、15年でサラリーマン時代の生涯収入を稼ぎ、今なお現役の超ベテラン・コンサルタントが教える「弱者の必勝法」。

地方の中小企業のほとんどは金なし、人なし、市場なしの環境で生きている。著者が経営に参画したディーラーも長年、人材不足と市場の小ささに悩んでいた。そこで著者が取り組んだのが、出身企業である住友大阪セメントの関連会社の社長のときに行った「当たり前のことを当たり前にやる」仕組みの導入である。

人材不足でも、小さな市場でも、会社は黒字にできる。処方箋は難しくない。当たり前のことを当たり前にやり続けることだ。それが黒字化の黄金律である。

本書は、当たり前のことを当たり前に「やらざるを得ない」仕組みと、それを「習慣化する」方法について著者の実体験をもとに述べる、コロンブスの卵的一冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 中小企業が絶対黒字化できる「仕組み」
  • 中小企業が絶対黒字化できる「仕組み」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中