ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 肉食行為の研究

  • 肉食行為の研究

肉食行為の研究

  • 野林厚志/編 野林 厚志
    1967年生まれ。人類学。国立民族学博物館・総合研究大学院大学教授。台湾原住民族の文化実践、現生人類の特徴としての道具作りと料理に関する研究を行っている

  • ISBN
    978-4-582-83770-4
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,600 (税込:4,968

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間はどのように肉を食べてきたのか。人類学を中心に、人文・自然科学の枠を超えた研究者たちが、人間の肉食をめぐる問題群を全方位的に考え抜いた、前代未聞にして画期的な共同研究の成果。
目次
1 肉食行為の文化誌(北アメリカ極北先住民社会における肉食―その意義と問題点
食べられる肉/食べられない肉―ボルネオの狩猟民シハンにみる肉食概念のあいまいさ
ネズミからゾウまで―アフリカ熱帯における狩猟採集民の狩猟・調理・摂取・禁忌
パプアニューギニア高地における肉食)
2 肉食行為の人類史(肉食行動の進化―ヒト以外の霊長類の肉食と比較して
ヒト化と肉食―初期人類の採食行動と進化
家畜化は肉食に貢献したか―狩猟から牧畜への肉食行為の変化
現代の「狩猟採集民」にとっての肉食とは何か)
3 肉食行為のイメージ(古代インドの儀礼文献における肉食行為
日本における動物供犠と肉食の穢れ
禁断の肉?―人類学におけるカニバリズムの虚実
肉食行為の心理学)
4 肉食行為のグローバリズム(グローバル時代の食肉需要と供給の変化
動物感染症と世界の食肉生産
食肉の原産地証明の課題―ハモン・イベリコを事例として
動物福祉の論理と動物供養の倫理)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

文化人類学を中心に、人文・自然科学の最新の学術的成果をもとにして、人間の肉食をめぐる問題群を考え抜く唯一無二の研究書。

ページの先頭へ

閉じる

  • 肉食行為の研究
  • 肉食行為の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中