ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ベッドにいてはいけない 不眠のあなたが変わる認知行動療法

  • ベッドにいてはいけない 不眠のあなたが変わる認知行動療法

ベッドにいてはいけない 不眠のあなたが変わる認知行動療法

  • 土井貴仁/著 土井 貴仁
    元・不眠症当事者、睡眠健康指導士。1990年京都府与謝郡与謝野町生まれ。幼少の頃から不眠に悩み、中学生時代には不登校、高校生時代には中退を経験。高等学校卒業程度認定試験合格を経て、睡眠薬を服用しながら神戸大学発達科学部(現・国際人間科学部)に合格。2014年卒業後、教育系企業に就職するも、不眠をきっかけに退職。治療に専念する中で、不眠の認知行動療法に出会い、不眠を克服した。自らの経験から、不眠の認知行動療法を実践できる仕組みづくりに奮闘。帝人株式会社の睡眠コーチングサービス「スリープコーチ」の共同開発をはじめ、ヒューマンアカデミー株式会社の通信教育講座「スリープケアカウンセラー」の講師としての講座企画・テキスト作成や、睡眠・不眠に特化した情報サイト「Fuminners」での記事執筆なども行っている

  • ISBN
    978-4-335-65176-2
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世間の常識が、睡眠の常識とは限らない。小さい頃からずっと、不眠に悩みつづけた著者。高校中退、大学受験会場での居眠り、新卒3か月での休職―。絶望の中で出会った心理学に基づく不眠改善法を行ったことで、少しずつ眠れるようになり、不眠を克服できた。その軌跡と、著者が実践した「不眠の認知行動療法」を紹介。
目次
第1章 不眠人生20年(認知行動療法という不眠治療法
不眠人生 ほか)
第2章 「不眠の認知行動療法」をやってみた(「睡眠専門クリニック」に向かう
睡眠日誌で自分の睡眠を知る ほか)
第3章 「不眠の認知行動療法」実践マニュアル(実践マニュアルの使い方
不眠の認知行動療法の基本的な考え方 ほか)
第4章 不眠を改善するための特性と環境へのアプローチ(個々の睡眠の特性や環境要因にアプローチしよう
あなたが眠れないのは睡眠が苦手だからかもしれない ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

世間の常識が、睡眠の常識とは限らない。


【HP:内容】
小さい頃からずっと、不眠に悩みつづけた著者。
高校中退、大学受験会場での居眠り、新卒3か月での休職……。
絶望の中で出会った心理学に基づく不眠改善法を行ったことで、
少しずつ眠れるようになり、不眠を克服できました。
その軌跡と、著者が実践した「不眠の認知行動療法」を紹介し、
今日も眠れないあなたに、変わりはじめるきっかけを届けます。


【HP:目次】
第1章 不眠人生20年
▽認知行動療法という不眠治療法
▽不眠人生
▽1冊の本と親の一言

第2章 「不眠の認知行動療法」をやってみた
▽「睡眠専門クリニック」に向かう
▽睡眠日誌で自分の睡眠を知る
▽不眠の認知行動療法スタート
▽条件づけを変える
▽刺激制御法をやってみたが……
▽小さなことから、コツコツと
▽日中の行動が夜の睡眠を決める!?
▽寝る前はこころと体を意識的にリラックス
▽自分の睡眠を研究してみた
▽睡眠薬をやめて、約20年の不眠からの卒業
▽専門家は不眠治療のパートナー
▽サポートと覚悟が不眠改善の決め手

第3章 「不眠の認知行動療法」実践マニュアル
▽実践マニュアルの使い方
▽不眠の認知行動療法の基本的な考え方
▽そもそもなぜ人は眠くなるのか
▽Step1 睡眠日誌を書く
▽Step2 刺激制御法をやってみよう
▽Step3 漸進的筋弛緩法をやってみよう
▽Step4 睡眠制限法をやってみよう
▽目標を立て、定期的に振り返る
▽睡眠の振り返りをしてみよう
▽睡眠を定期的にチェックしてみよう

第4章 不眠を改善するための特性と環境へのアプローチ
▽個々の睡眠の特性や環境要因にアプローチしよう
▽あなたが眠れないのは睡眠が苦手だからかもしれない
▽朝型か夜型かも大事な特性
▽必要な睡眠時間は人によって変わる
▽あなたが眠れないのはがんばりすぎだからかもしれない
▽自分に合った睡眠を見つけよう
▽「自分の睡眠を見つけるワークシート」をやってみよう
▽自分の睡眠を守れるのは自分だけ

附 録 「不眠の認知行動療法」を受けられる医療機関リスト

ページの先頭へ

閉じる

  • ベッドにいてはいけない 不眠のあなたが変わる認知行動療法
  • ベッドにいてはいけない 不眠のあなたが変わる認知行動療法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中